無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップを解説してみた。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

今日の記事では、
「無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップ」
を説明しようと思います。

無在庫転売で稼ぎたいって人、
増えてきてるなと感じますけど、
みんな最初は初心者です。

で、やっぱり最初のうちって誰もが不安ですし、
迷いだってあるはずです。

そんなときこそ、
稼ぐようになるための有効なステップを
知っておくことって大事です。

進むべき道のりが分かってたら、
無駄な不安や迷いも軽減されますからね^^

ってことで、
無在庫転売で稼ぎたいと考える初心者の方は、
ぜひこの記事を読んでください。

初心者が稼ぐために
ものすごく重要なことをまとめてます。

じゃ、始めます。

無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップを解説してみた。

まず先に結論から。

無在庫転売の初心者の方が稼げるようになるには、
こんなステップで進めていくことが
有効だと僕は考えてます。

無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップ
  1. 家にある不用品をネットで販売してみる
  2. 無在庫転売の商品リサーチを学ぶ
  3. 実際に商品を出品してみる
  4. 100商品を出品した時点でフィードバックしてみる
  5. 出品⇒フィードバックを延々と繰り返す

こんな感じのステップですね^^

実は僕も、
このステップで無在庫転売をスタートして、
今に至ってるという事実があったりします。

ま、人によって意見は違うんでしょうけど、
僕はこのステップが一番合理的だと思ってますし、
初心者が稼げるようになるには
このステップが最強だと確信してます。

じゃ、順番に見ていきましょう!

家にある不用品をネットで販売してみる

無在庫転売を始めようと思うなら、
無在庫転売から始めるのは僕は良くないと思ってます。

『は〜何言ってんの??』

って声が聞こえてきそうなので、
少しこれを説明させてください。

というのは、無在庫転売って、
在庫を持つ普通の転売比べると、
どうしても難易度って高くなります。

なぜならば、

『在庫を持たない(無在庫)ってことは、
在庫を持つ場合よりも商品が売れにくい』

からです。

これは買い物をするときの心理を考えれば分かるんですが、
どうせ買い物するなら
1日でも早く商品が届いてほしいと思いませんか?

全く同じ商品が、
全く同じ値段で売られてたら、
誰だって「納期の早い方」を選ぶハズなんです。

ということは、
やっぱり「無在庫」で商品を売るというのは、
在庫を持って売る場合よりも
売るためのハードルが上がるってことです。

なので、初心者の状態で、
いきなり無在庫転売に挑んでも、

『なかなか売れねーなぁ・・・』

なんてのは、結構あるあるなんです^^;

そしてモチベーションもダダ下がりになって、
いつしか無在庫転売で稼ぐこと自体を
諦めてしまうっていう。。。

これ、非常にもったいないですね^^;

だから僕は、初心者の方こそ、

「最初は不用品販売から始めるべきだ」

って思ってます。

不用品販売なら、
いきなり無在庫転売をやるよりも
ずっとハードルは下がりますからね^^

家を探せば、
今はもう使わなくなった不用品なんて、
いくらでも出てくるはずです。

一人暮らしでミニマリスト思考な方でも、
不用品が全くのゼロってことは、まずないのでは?

で、まずはそういう不用品を
ネットで販売してみることから始めることをおすすめします。

そうやって不用品販売をすることで、

「商品を売る能力を養うことができる」

というメリットも得られるからです。

家にある不用品ってことは、
それは「在庫がある」ってことです。

ということは、
無在庫転売じゃなくて、
在庫ありの転売と同じことになるわけで、
いきなり無在庫転売を始めるよりも、
売るためのハードルや難易度は低いのです。

というより、
家にある不用品すら売ることができなければ、
無在庫転売をやって商品が売れるはずがありません^^;

無在庫転売の方が、
売るためのハードルって高いですからね。

なのでまずは、
家の不用品販売から始めて、
商品をネットで売るっていう感覚をつかんだり、
売るための能力を養って欲しいんです。

いくら手元に在庫があるからといって、
商品名や商品説明文をしっかりと考えないと、
まず売れることってありません。

だから、不用品販売を通じて、

  • 商品名の付け方
  • 商品説明文の書き方

といったものを学ぶことから
始めるのが正解だと僕は思ってます^^

不用品ということは、
自分が使ったことのある商品のハズなんで、
説明文も書きやすいハズです。

無在庫転売で扱うような、
一度も使ったことのない
得体の知れない商品の説明文を書くよりも、
ずっと楽なハズなんです。

なので、まずは家にある不用品を
どんどん出品してみてください。

断捨離にもなりますし、
売れれば報酬も手に入りますし、
何より、

「商品がネットで売れたという成功体験」

を重ねていくことができます^^

それで、その自信や不用品販売を通じて養った能力が、
いざ無在庫転売で稼ごうとするときに役に立つわけですね。

ちなみに不用品を出品する時ですけど、
今なんかは「メルカリ」が使い勝手が良いと思います。

昔は、不用品販売といえばヤフオクでしたけど、
今はメルカリの方がユーザー数も多くて、
商品も売れやすいと感じます。

なので、特に理由がなければ、
メルカリに不用品をどんどん出品していけば良いと思います。

でも、何かしらの事情があって
メルカリを使うことができないとかであれば、
ヤフオクを使うのでも問題ないです。

商品によってはヤフオクの方が売れやすかったりしますし、
何だかんだで今も昔も
ヤフオクは不用品販売に向いている販路ですからね。

で、そんな感じで、
まずは不用品販売から始めてみてください。

それで、ある程度、不用品が売れてきて、

「さすがに不用品販売はもう飽きてきた」
「ネットで商品を売る感覚は十分につかめてきた」

なんて手応えを感じてきたのであれば、
もう不用品販売は卒業してOKです。

そうしたら、
いよいよ次のステップに移っていきます。

無在庫転売の商品リサーチを学ぶ

不用品販売を通じて、
ネット物販の基礎を培ったあとは、
実際に無在庫転売を始めていきます。

とはいっても、まず最初にやるべきは、

「無在庫転売の商品リサーチを学ぶ」

ということです。

「商品リサーチ」とは、
儲かる商品を探す行為のことです。

つまり、
「儲かる商品を探す方法を学ぶ」ということを、
この段階でやって欲しいんです。

なぜならば、
どんなに商品を売るためのスキルがあっても、
儲かる商品を探すことができなければ、
稼ぐことはできないからです。

無在庫転売も含めた転売系のビジネスでは、
商品リサーチで全てが決まると思ってください。

売れない商品はどうやっても売れないですし、
売れる商品さえ見つけることができれば誰でも稼げるので、

「いかに儲かる商品(売れる商品)を見つけることができるか」

が、成否を分けることになるからです。

つまり、

「無在庫転売で稼げる人=商品リサーチが上手い人」

だということです^^

なので、まずは商品リサーチを
学ぶことから始める必要があります。

じゃ、どうやって商品リサーチを学ぶかですけど、
今はインターネットで検索すれば、
いくらでも情報をゲットできる時代です。

なので、インターネットを使って
商品リサーチの方法を解説してるブログ記事だったりを
見ていくのが無難だとは思います。

ちなみに僕のブログでも、
商品リサーチの方法を記事で紹介していたりするんで、
良ければ以下のような記事も
商品リサーチを学ぶのに参考にできると思います^^

ま、商品リサーチには種類もたくさんありますし、
どれが正解とかはなくて、

「自分がやりやすいと感じる商品リサーチ」

が一番結果も出しやすいんで、
色々と試してみると良いと思います。

で、商品リサーチを一通り学んだら、
実際にそのリサーチを試してみてください。

リサーチ方法が間違ってなければ、
儲かる商品が1つ2つと見つかるはずです。

それで、儲かる商品を見つけることができたら、
いよいよその商品を実際に出品(販売)していきます。

実際に商品を出品してみる

商品リサーチをして儲かる商品を見つけたら、
あとはその商品を出品しましょう。

いくら儲かる商品を見つけても、
実際に出品しないことには
一切利益は得られませんからね。

それで、
「どの販路に商品を出品するか?」
ですけど、無難なのは、

  • BUYMA
  • ネットショップ

このどちらかですね。

というのは、
ほとんどのプラットフォーム(販路)は、
無在庫転売での出品をルールで禁止しています。

そうなると、
無在庫転売が認められているプラットフォームは
限られているわけで、
その代表格が「BUYMA」と「ネットショップ」なんです。

BUYMAは運営事務局の方が
無在庫転売を公認してますし、

ネットショップはそもそも自前で作るものなので、
販売ルールも自分で決められますから、
当然ながら無在庫転売も問題ないということです^^

でもBUYMAの場合、

  • 国内サイトからの仕入れは禁止
  • アパレル商品しか出品できない

といった決まりもあるんで、
国内サイトから仕入れる商品や
アパレル以外の商品を無在庫転売したいなら、
BUYMAを使うことはできません。

そうなると、
必然的にネットショップに出品するしかないわけですけど、
ネットショップって集客を
自分自身で行なう必要があるんで、
初心者の方には結構ハードルの高い販路です^^;

どんなに儲かる商品を出品しても、
集客ができなければ誰も買ってくれないので、
いきなりネットショップで無在庫転売を始めても

「全然売れねーじゃん」

なんてことも起こりがちです。

じゃあ、どうすれば良いか?

というと、これは少し裏ワザというか
「禁じ手」ではありますけど

「ヤフオクを販路にする」

というのも一つの手だと思います。

ヤフオクって
ルール上は無在庫転売が禁止されてますけど、
ちょっとした「抜け道」みたいなものもあります。

その抜け道っていうのが、

「商品が落札されてから発送までのリードタイムを長めに設定しておく」

というものです。

ヤフオクって、上の画像のように、
落札されてから商品を発送するまでの期間を
自分で任意の日数に設定することができるんです^^

そのあたり、以下の記事でも触れています。

参考記事:ヤフオクで無在庫転売やる方法、教えます。(悪用禁止)

それで、この期間を長めに設定しておけば、
ヤフオクの運営側に無在庫転売がバレる可能性を
限りなく下げることができます。

というのは、
そもそも無在庫転売がバレる理由って、
商品を落札した人から

「商品がまだ届きません」

というメッセージが
ヤフオク運営側に届くことに起因することが多いです。

予定よりも明らかに商品が届くのが遅い場合が連発すると、
当然ヤフオク側からも調査が入ります。

で、その結果として、

「やっぱりこの出品者、在庫持たずに出品してるよね」

というのが
ヤフオク運営側に明るみになることによって
無在庫転売がバレるというわけです。

無在庫転売って、

「売れてから仕入れる」

ということをするので、
やっぱり在庫を持つ場合の出品よりも、
商品を届けるまでに時間がかかる傾向にあります。

だからこそ、
「商品が落札されてから発送までのリードタイムを長めに設定しておく」
が有効になってくるんです。

この期間を長めに設定しておけば、
商品が実際に売れてから仕入れをしても
十分に間に合わせることができます。

ということは、

「まだ届かない」

というクレームが届くこともなくなりますし、
結果的に無在庫転売がバレにくくなるってことですね。

実際、この方法を使って
涼しい顔をしてヤフオクで無在庫転売をしている人は
たくさんいます。

そして、それをバレずに
何年も無在庫転売で稼ぎ続けている人がいるのも事実です。

ただ、無在庫がバレるバレないは運の部分もありますし、
バレるとアカウントが凍結するリスクもあるんで、
そこらへんは自己責任でお願いします^^;

一応、こういう方法であれば、
ヤフオクで無在庫転売をできないこともないって話でした。

いずれにせよ、
今話した内容を参考にしながら、
どの販路に商品を出品するか決めてみてください。

そして、出品する販路が決まったら、

あとはひたすら商品を出品していくことです^^

以下の記事でも触れてますけど、
無在庫転売って商品数をいかに増やすかが、
稼ぐためにはとても重要です。

参考記事:無在庫転売で稼ぐ人、成功している人が意識している3つのポイント。

というのは、
やっぱり商品数を増やすほど
「入口」も増えるんで、
それによって全体的なアクセス数が増えて、
売上アップにつながるからですね。

それで、まず無在庫転売をスタートしたなら、
最低限、「100出品」を目指しましょう。

ま、正直、稼いでいる人からすれば
100出品でも全然足りないくらいですが、
初心者はひとまず100出品を最初の目標にすべきです。

100出品をこなした頃には、
商品説明文の書き方とかも慣れてきてるでしょうし、
ある程度はスキルが付いてきているハズです。

さらに言えば、
その頃には商品の1つや2つが売れて、
実際に利益を手にしていてもおかしくありません。

なので、
ひとまずは100出品を目指す、

これを目標にしてみてください^^

そして100出品が終わったら、
「フィードバック」を必ずやるべきです。

これをやるか、やらないかで、
長い目で見て収入は大きく変わってきてしまいます。

それを今から説明します^^

100商品を出品した時点でフィードバックしてみる

100商品を出品したら、
フィードバッグというものをやって欲しいんです。

『フィードバッグって何やねん?難しい言葉使うなよ』

って言われてしまいそうですけど、
フィードバッグっていうのは、
要するに「振り返り」のことです。

スポーツの世界でも、
成功している選手とか、
オリンピックに出て活躍するような選手とかは、
ほぼ例外なく、
このフィードバッグ(振り返り)というのを
習慣にしてるって言われてます。

その日の練習に対して、

  • 何がダメだったか
  • 何が良かったか

というのを、
1日の終わりに必ず振り返って、
反省点などがあれば、
それを翌日以降の練習につなげていくわけですね^^

これをやるか、やらないかで、
翌日以降の練習の質が大きく変わると言われていて、
こういうフィードバッグの積み重ねが、
大きな結果を生むということです。

それで、これはスポーツだけじゃなくて、
ビジネスの世界でも同じです。

結果を出すための本質ってのは、
業界に関係なく共通していて、
やっぱりビジネスでも結果を出したい(お金を稼ぎたい)のなら、
自分の取り組んだ作業をフィードバックする必要があります。

とはいっても、
毎日フィードバックを続けるのも大変だと思うんで、
毎日じゃなくてもOKです。

その代わり、
せめて100出品を終えるごとに、
その時点でのフィードバックを行なって欲しいんです。

たとえば、
あなたが100出品を終えてみて、

『全然売れない』

とか、そういう結果が待っていたとします。

そうしたら、

「何がダメで売れないのか」

というのを、
今まで自分がやってきた出品作業を振り返ってみて、
改善点や反省点を見つけていくんです。

これは頭を使う作業なので、
決して楽じゃないですけど、
お金を稼ぎたいならそこから逃げるのはNGです。

頭に汗をかきながら、
自分と向き合って、

  • 何が原因で売れてないのか、
  • なぜ思うような売上が上がらないのか、

その原因を「仮説」でも良いのでしっかりと探っていきます。

で、その仮説をもとに、

『それなら明日以降は、こういう風に出品するようにしよう』

という感じで、
次につなげていくようにするんです。

ただ、やみくもに出品を繰り返すよりも、
こうやった100出品とかを節目にして、
その都度フィードバックしていった方が、
確実に収入は伸びるはずです^^

というのは、
こうやってフィードバッグをするからこそ、
戦略を持ってビジネスができるようになるからです。

何の戦略も目的もなしに、
ただひたすら商品を出品するだけじゃ、
ビジネスとは呼べません。

それは「ビジネス」ではなくて、
単なる「作業」であって、
言い方は悪いですけどサラリーマン思考です^^;

ビジネスとしてお金を稼ぐんであれば、
こうやって頭を使いながら努力していくしかないんですね。

とはいっても、
やっぱりこういうフィードバッグって、
そんなに簡単なことではありません。

そもそも、

大して稼げてない状態で
フィードバックしようとしても、
稼げていない脳ミソでフィードバックすることになる

ので、
思うように改善点とかが出てこないこともあります。

僕も実際、そうでした^^;

フィードバックの重要性は知っていたけれど、
結局、初心者の稼げてない脳ミソの範囲でしか
フィードバックできないんで、
これにはとても苦労しましたね。

ただ、僕の場合は、
本当に運が良かったんですが、
ネットビジネスで億を稼ぐ師匠に
フィードバックしてもらえる機会を持つことができました。

その師匠が販売している、
サポート付きの教材を買って、
師匠から直接的にフィードバックしてもらったんです。

ある程度の出品を終えた後に、
師匠にフィードバックをお願いし、

『アキラさんの場合、全体的に〜〜が問題で、〜〜という理由で商品が売れてない可能性が高いです。なので、〜〜の商品をもっと〜〜して、全体的に〜〜を改善していけば、〜〜の指標がアップするので、売上も伸びると思いますよ。』

といった感じで、
具体的かつ論理的に、
僕の問題点や改善点を見つけ出し、
「師匠の目線」でフィードバックをしてもらいました。

これによって、
僕の脳ミソじゃ全然浮かんでこなかった問題点とかが、
あっという間に明らかになりました。

それがきっかけになって、
僕はガツンと収入が伸びていったなあと実感しています。

なので、もしあなたの周りに
稼いでいる人からのフィードバックを得られる環境があるなら、
それを利用するのが一番です。

稼いでいない脳ミソでフィードバックしようとしても、
なかなか効率も悪いですからね^^;

スポーツの世界にも「コーチ」っていますし、
そのコーチからフィードバックをもらえる環境の選手の方が、
やっぱり成功している傾向にあります。

ビジネスもそれと同じで、
すでに稼いでいる人をコーチとして、
そのコーチからフィードバックをもらうのが
理想ではあります。

ま、とはいっても、
そういう他者からのフィードバックを
得られる環境がないのなら、
自分で自分と向き合って
フィードバックしていくしかないです。

自分自身でフィードバックするのは楽じゃないですし、
即効性も薄いかもしれませんけど、
そのいばらの道を超えた先には、
大きな成長が待っているはずです^^

いずれにせよ、
自分自身でフィードバックするにも、
他者からのフィードバックを受けるにも、
どちらでもOKですが、

「一番ダメなのはフィードバックしないこと」

です。

毎日フィードバックする必要はないですけど、
せめて100出品を節目にして、
それまでの作業結果を振り返ってみればいいと思います。

この小さな積み重ねが、
大きな収入の差をもたらしますので^^

少なくとも、
僕はそこから逃げずに
地道にフィードバックを続けてきたからこそ、
今があると思ってます。

だから、
本当に無在庫転売で成功したいなら、

「出品⇒フィードバック」

これをひたすら繰り返していくしかないのです。

じゃ、最後に、その辺の話をさらに掘り下げます。

出品⇒フィードバックを延々と繰り返す

フィードバックの重要性は、
さっき説明しましたけど、
あとはもう、その繰り返ししかないと思ってます。

無在庫転売で何百万円、
何千万円と稼いでいる人って、

「何か特別なことをしているのでは?」

と思うかもしれませんけど、
フタを開けてみると、
やってることって本当にシンプルです。

とにかく商品リサーチをこなして、
出品数を増やし、一定まで出品数が増えたら、
それまでの結果をフィードバックする。

これを淡々と、

延々と繰り返しているだけなんです。

だから、ある程度、
無在庫転売の基礎を学んで、
基本的なリサーチ方法を覚えたのなら、あとはもう

「出品⇒フィードバック」

これを繰り返していくしかありません。

その地道な積み重ねの先に、
月収100万円や月収1000万円といった世界が待ってます。

ビジネスの成功って、本当にシンプルなんですよね^^

やるべきことから逃げずに、
誰よりも真面目に淡々と取り組み、それを継続する。

この先に成功があります。

ま、こう聞くと本当にシンプルなんですけど、
『言うは易し、行うは難し』
って言葉もある通り、
これを実際に行なうのはなかなか難しい^^;

僕も今だにたまにサボっちゃいますし、
面倒で全然作業しない時期とかもありますw

でも、人間って感情の生き物なんで、
たまにはそういう時もあって普通ですし、
できなかった自分を責める必要なんてないと思いますね。

それよりも、できたことに対して自分を褒めてあげて、
それを自分のペースで淡々と積み重ねていけば良いと思います。

結局、他人との競争じゃなくて、
昨日の自分との競争なんです。

と、何だか精神論っぽくなっちゃいましたけど、
この考え方は無在庫転売で成功するためには、
とても重要だと思ったんで書きました。

ってなわけで、
無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップの説明は以上です!

長くなっちゃったんで、
最後に今日の内容をまとめておきますね^^

まとめ

【無在庫転売の初心者が稼ぐようになるための有効なステップ】

ステップ1:家にある不用品をネットで販売してみる
⇒いきなり無在庫転売はハードルが高い
⇒家にある不用品を売って、商品を売るための基礎を習得することから始める
⇒商品が売れるという成功体験と、利益を得られから一石二鳥

ステップ2:無在庫転売の商品リサーチを学ぶ
⇒いかに儲かる商品を探すかが、稼げる稼げないを決める
⇒インターネットなどを活用して、商品リサーチの方法を学ぶ

ステップ3:実際に商品を出品してみる
⇒商品リサーチの方法を学んだら、それを実践し儲かる商品を見つける
⇒儲かる商品を見つけたら、何はともあれまずは出品する
⇒販路はBUYMAかネットショップが無難
⇒ヤフオクを販路とするのもアリだが、バレればアカウント凍結のリスクがある
⇒落札から発送までの期間を長めに設定することで、無在庫バレを防ぐ効果は期待できる(実践は自己責任で)

ステップ4:100商品を出品した時点でフィードバックしてみる
⇒フィードバックとは振り返りのこと
⇒それまでの作業を振り返り、何がダメだったか、何が良かったかを振り返る
⇒そのフィードバックの結果を次の作業につなげる
⇒毎日フィードバックするのも大変だから、100出品を節目にするのが良い
⇒稼いでいる人からフィードバックを得られるなら、それが一番理想
(僕の場合は師匠の教材を買って師匠から直接フィードバックを受けた)

ステップ5:出品⇒フィードバックを延々と繰り返す
⇒成功するためには、やるべきことを繰り返すだけ
⇒出品してはフィードバックをし、それを続けた先に成功がある

 

まとめは、こんな感じですね^^

このステップで無在庫転売を始めていくのが、
一番合理的だし、
成功するまでのスピードも早いと思います。

良ければ、これを参考にしてみてくださいね^^

ではでは。

 

〜追伸〜

何度かこの記事で話題に挙がった、
師匠の教材ですけど、
あまり教えたくないのですが、
ここまで読んでくれたお礼に
以下に紹介しておきます。

・師匠の教材「YMC」の詳細

稼げるようになりたいなら、
すでに稼いでいる人から習うのが一番です。

成功したいなら成功者から学ぶ、
これが結局、最強の成功法則だと思います。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です