無在庫転売をするなら自前のネットショップを使うのが最強である理由。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

「無在庫転売」と一言で言っても、
やり方は色々ありますよね。

  • メルカリで無在庫転売する方法
  • ヤフオクで無在庫転売する方法
  • アマゾンで無在庫転売する方法

などなど、
それがルール違反かどうかはさておき、
確立されてるノウハウとしては、
色んなやり方があります。

けれども、

『どの無在庫転売のやり方が最強か?』

と問われれば、
僕の答えは完全に決まってます。

もはや、
「絶対にこれ以外は考えられない」
と言えるくらい、

僕の中での
「圧倒的に最強な無在庫転売のやり方」
というものがあるんです。

じゃあ、それが何かというと、

「自前のネットショップを使って無在庫転売する方法」

です。

無在庫転売をするのであれば、
「自前のネットショップを使う」
という方法が

「圧倒的に最強」
だと僕は確信してます。

一応、異論は認めますw

でも、
この記事を読んでもらえたら、
きっと異論は出てこないんじゃないかと
思ってます。

というわけで、
なぜネットショップを使った無在庫転売が最強であるのか、
それを書いていきますね^^

無在庫転売をするなら自前のネットショップを使うのが最強である理由

無在庫転売をするなら、
自前のネットショップを使うのが最強だと
僕は確信してます。

なぜかというと、

「資金繰りを一切考えなくて済む」

からです^^

つまりは、
ネットショップを使って無在庫転売をすることで、

「お金のプレッシャーから完全に解放される」

ことになります。

資金繰りを考える必要がないからです。

今、サラっと言いましたけど、
これはめちゃくちゃ大きなメリットです。

これは
「自前のネットショップを使った無在庫転売」
だから得られるメリットであって、

メルカリやヤフオク、
アマゾンなどを使った無在庫転売だと、
このメリットを得ることはできません。

だからこそ、
ネットショップを使った無在庫転売こそが、
「唯一無二」であり「最強」だと
僕は思っているんです。

ま、とは言いつつも、
これだけ話しても、
あまりピンと来てないと思います。

なので、
「資金繰りを一切考えなくて済む」
ということについて、
もう少し詳しく説明したいと思います。

無在庫ネットショップならば資金繰りが一切不要になる

一応、先に伝えておくと、
僕が今説明している
「自前のネットショップを使った無在庫転売」は、

一般的には
「無在庫ネットショップ」
という呼び名で知られています。

なので、ここからは、
「無在庫ネットショップ」
というワードに置き換えて説明していくので、
そこだけ認識しておいてください^^

では、話を戻します。

なぜ無在庫ネットショップであれば、
資金繰りを一切考えなくて済むのか?

という話でしたね。

この答えを言ってしまうと、

「無在庫ネットショップであればお客さんのお金で商品の仕入れができる」

からです。

もう、本当にこれに尽きます。

これができるからこそ、
無在庫転売をするならば
自前のネットショップを使うのが最強なんです。

じゃあ、
これがどういうことなのかは、
じっくりとこの後に説明するとして、
まずそもそもの話からしますけど、

「無在庫転売だからといって、資金が不要なわけではない」

という前提があります。

もしかしたら、
この記事を読んでる人の中に、

「無在庫転売=在庫を事前に持つ必要がない=資金が不要」

と、思ってしまってる人はいませんか?

これ、正確に言えば間違いです。

というのは、

「無在庫転売=在庫を事前に持つ必要がない」

までは合っていますけど、

在庫を事前に持つ必要がないからといって、
資金が完全に不要なのか?

と言えば、
決して「そんなことはない」んですよね。

つまりは、

「在庫を事前に持つ必要がない=資金が不要」

という図式は「間違い」であり、
成り立たないってことです。

どういうことかというと、
無在庫転売で稼ぎたい金額が大きくなるほど、
それに比例して「運転資金」も必要になるからです。

というのは、
たしかに無在庫転売は
在庫を事前に持っておく必要はありませんし、
「売れてから仕入れればOK」
というスタイルなのは事実ですけど、

「商品代金を回収するよりも先に、仕入れでお金が出ていく」
という側面があります。

だから普通は、
無在庫転売と言っても、
稼ぎたい金額に応じた運転資金を
「事前に用意」しておかないといけないんです^^;

では、これがどういうことかを説明するために、
ヤフオクを使って無在庫転売をする場合を例にして話します。

無在庫転売だからといって、資金が不要なわけではない

ヤフオクを例にして説明しますけど、
ヤフオクで無在庫転売する場合、
通常の流れとしては、

  1. ヤフオクに売りたい商品を出品する(この時点では在庫を持たず)
  2. 出品した商品に注文が入る
  3. 商品を仕入れてお客さんへ届ける
  4. 商品代金が入金される

という流れになります。

これを見てもらえると分かると思いますけど、
商品代金(売上金)が自分のもとへ入ってくるのは、
「4」のタイミングですよね。

ところが「3」のタイミングで
仕入れのためにお金を「先出し」してるんです。

売上金を回収するよりも前に、
仕入れでお金が「先に出ていく」んですから、

「売上金を回収できるまでの間、
仕入れ資金を販売者側で立て替えておく必要がある」

ということです。

だから運転資金が必要なわけですよ。

たとえば100万円分の注文が
ドドっと入ってきたとしますよね。

そしたら、
「売上」としては100万円が確定なわけですが、
実際にその売上を手に入れる前に、
その分だけの仕入れを行なう必要があります。

転売の一般的な利益率を考えると、
100万円分の注文であれば、
仕入れには80万円くらいはかかります。

つまり、
「80万円を先に出さなきゃならない」
のです。

80万円を先に出して商品を仕入れて、
その商品をお客さんに無事に届け終わって、
一定期間を経たあとに、
初めて100万円の売上金が販売者のもとに振り込まれます。

つまりは、
80万円を「立て替え」する必要があるわけで、
その立て替えるための「運転資金」がなければ、
そもそも100万円の売上をさばくことができません。

だからこそ、

「無在庫転売だからといって、資金が不要なわけではない」

のです。

仕入れ資金が先に出ていく以上は、
稼ぎたい金額に見合った運転資金を
あらかじめ用意する必要があるということなんですね。

そしてこれは、
何もヤフオクに限ったことじゃありません。

メルカリを使おうとBUYMAを使おうと、
基本的にはどこを使って無在庫転売をしても、
同じように運転資金が必要になります。

結局、どこの販路でも、
商品代金が振り込まれるのは
商品を届け終わった後だからです。

なので、商品代金を回収するまでの間、
仕入れ資金を立て替えるだけの
「運転資金」が必要なんですね。

あ、ちなみに、
先ほどヤフオクでの無在庫転売を例にして話しましたけど、
参考までに伝えておくと、
ヤフオクでの無在庫転売って「ルールで禁止」されてます^^;

メルカリもヤフオクもアマゾンも、
無在庫転売はルール上、禁止なんですよね。

ま、そこを上手くバレないようにやってる販売者も普通にいるし、
ヤフオクなんかだと、
以下の記事でも話しているように、
いくらでもバレにくくはできますが・・・。

ヤフオクで無在庫転売やる方法、教えます。(悪用禁止)

とはいえ、
無在庫転売がバレたときは
「アカウントが凍結するリスク」もあるし、
そこだけは注意してくださいね。

と、話が反れたので戻します。

いずれにせよ、
普通に無在庫転売を取り組む以上は、
運転資金の用意が必要なわけで、
どうしても「資金繰りという問題」がつきまとうって話でした。

ところが、
自前のネットショップを使った無在庫転売、
要するに「無在庫ネットショップ」であれば、

さっきも述べた通り、
「お客さんのお金で商品の仕入れができる」
ので、運転資金を用意する必要もゼロだし、

だからこそ資金繰りという問題からも
キレイさっぱり解放されることになるのです。

無在庫ネットショップはお客さんのお金で商品の仕入れができる

無在庫ネットショップであれば、
運転資金すら用意しておく必要はありません。

なぜならば、何度も言いますけど、
お客さんのお金で商品を仕入れることができるからです。

というのは、
無在庫ネットショップは自前で作るネットショップなので、
販売ルールなども全て自分自身で決めることができます。

つまりは、

『注文が入ったら先に商品代金を振り込んでもらい、そのお金で商品を仕入れる』

という運用もできてしまうんです。

『そんなことして、大丈夫?』

と思う人もいるかもしれませんけど、
結論としては「大丈夫」です。

何の問題もありません。

なぜならば、
そのネットショップの商品ページ内に、
こう書いておけばOKだからです。

『当店はお客様からのご注文後に商品をお取り寄せしますので、ご注文からお届けまでに2週間前後のお日にちをいただきます。なお、商品代金は先払い制となっておりますので、ご注文が確定し、ご入金が確認でき次第のお取り寄せとなります。』

こう書いておけば、
それに了承したお客さんだけが注文してくれることになるんで、
お客さんから先に商品代金をいただいて、
そのお金で商品を仕入れることが可能になります。

つまり、仕入れでお金が出ていくよりも先に、
商品代金(売上)が入ってくることになるんで、

運転資金も一切必要なければ、
そもそも「資金繰り」っていう問題も
一切考えなくて良くなります。

仕入れるよりも先に必ずお金が入るので、
お金にまつわる悩みが一切なくなるんです。

結果的に、
「商品を売ること」だけに時間と思考を割くことができるんで、
売上アップにもコミットしやすいです。

これこそが、
無在庫転売をするならネットショップが最強である理由です。

極端な話ですけど、
これであれば、
「貯金ゼロ資金ゼロ」という状態でも稼ぐことができます。

銀行口座が仮にゼロ円の状態だとしても、
お客さんから先に商品代金をもらえるので、
仕入れができないってことは
絶対に起きないからです。

あと、
無在庫ネットショップのもう一つの利点として、
「アカウント凍結リスクがない」というのも挙げられます。

自前のネットショップである以上、
ルールはすべて自分なんで、
無在庫転売をしようが何しようが、
誰からも咎められることもなければ、
誰からも何を言われる筋合いもありません。

当然、アカウントが凍結するってこともないんです。

これがヤフオクとかメルカリとかアマゾンとかだと、
ルールとして無在庫転売が禁止されてるんで、
いつ無在庫転売がバレてもおかしくないし、
バレた時点でアカウントが凍結になってしまいます。

そういうリスクがないというの、
これまた無在庫ネットショップの利点だと言えますね^^

以上のことから、

「無在庫転売をするなら自前のネットショップを使うのが最強である」

と、僕は自信を持って断言します。

やっぱり、
お金が出るよりも先にお金が入ってくるという、
無在庫ネットショップのようなビジネスモデルは、
ガチで最強だと思いますね^^

お金に関して悩まなくて良いのは、
本当にメンタル的にもラクです。

こういう稼ぎ方って、
普通の転売ビジネスじゃ絶対に実現できなくて、
無在庫ネットショップだからこその「特権」だと言えますね。

以上、参考にしてみてください!

じゃあ、長くなってしまったんで、
最後に今日の要点をまとめて終わりとします。

まとめ

・通常の無在庫転売だと運転資金が必要になる
⇒商品を届け終わってから商品代金が回収できるため、それまで仕入れ資金を立て替えておくだけの運転資金が必要

・自前のネットショップを使った無在庫転売なら運転資金すら完全に不要
⇒お客さんから先に商品代金をいただくことができる
⇒つまり仕入れでお金が出るよりも、先に必ずお金が入ってくる
⇒ゆえに資金繰りを一切考える必要がなく、資金ゼロでも青天井で稼げる
⇒だからこそ自前のネットショップを使った無在庫転売が最強である

以上、今日の要点をまとめてみました!

僕は現在、
無在庫転売で生計を立てていますけど、
今はこの「無在庫ネットショップ」がメインですね。

本当、お金にまつわるストレスがゼロで稼げるし、
アカウント凍結を心配する必要もないから、
ストレスフリーな毎日です^^

控えめに言っても、最高ですよ。

というわけで、
よかったらあなたも無在庫ネットショップという稼ぎ方を
検討してみるのも良いと思います。

一度、その魅力を知ったら、
普通の転売には戻れないと思いますんで^^

じゃ、今日のところは以上になります!

ではでは。

 

あとがき

ちなみに、
無在庫ネットショップをやるんなら、
結局は「ノウハウが命」だと思います。

とくに無在庫ネットショップって
「集客」とかも自分でやる必要があるんで、
そんなに簡単なビジネスでもないですしね。

だから、どうせなら
正しいノウハウで取り組んだ方がいいかなと^^

その点で言えば、
もしあなたが無在庫ネットショップに興味があるんなら、
僕のメールマガジンが
お役に立てるかもしれないです。

これはまだ未定ですけど、
もしかしたら今後、
メールマガジンの方で無在庫ネットショップの情報だったり、
耳寄りなオファーとかを配信しようかなと思ってるんで^^

なので、もし興味があれば、
僕のメールマガジンにでも
気軽に登録しておいてください。

メルマガ講座

もちろん登録は無料です^^

以上、お知らせです。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です