無在庫転売の将来性とか未来の話。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

今日は、
無在庫転売の将来性とか、
未来について語ろうと思ってます。

無在庫転売って、
リスクなくできるビジネスなんで、
やる人も増えてますけど・・・。

将来的にどうなっていくのか、
未来はあるのか。

そこんところを僕なりの目線で書きます!

無在庫転売の将来性とか未来の話。

念のため、
「無在庫転売ってなによ?」
って部分から話すと、

無在庫転売というのは、
在庫を持たずに商品を転売するビジネスです。

在庫を持たない分、
在庫リスクがないっていうメリットがあるわけで、
そういう理由から、
副業として取り組む人も増えてます^^

で、無在庫転売って、
アフィリエイトとか他のネットビジネスと違って、
再現性も高いです。

ようするに、
初心者でも結果を出しやすいってことですね^^

だから無在庫転売って人気なんですけど、
将来性とか未来を考えると・・・。

ここだけの話、
「う〜ん」と思ってしまうところもあります^^;

というのは、
いつまでも無在庫転売で稼げるとは限らないと思うんですよね。

今は幸いにも、
無在庫転売で稼げてる人も沢山いるけれど、
未来のことは誰にも分かりません。

ひょっとしたら、
近い将来、
稼げなくなる可能性だってあります。

なぜかというと、
無在庫転売に使うマーケットのルールが、
コロコロ変わるからです。

無在庫転売をやる人が、
よく使うマーケットは、

  • メルカリ
  • アマゾン
  • ヤフオク

このあたりですね。

で、こういうマーケットに、
商品を無在庫状態で出品して稼いでいる
無在庫転売ヤーって多いんですけど、
そのやり方、
いつまで続くか分からないんですよね^^;

というのは、
どのマーケットも基本的に無在庫転売が禁止なんです。

実は、
メルカリも、
アマゾンも、
ヤフオクも、
無在庫転売をルールで禁止してます。

だから、
本当は「無在庫転売しちゃダメ」なんですよ^^;

けれども、
そこには抜け道もあって、
みんな上手いことやりながら、
バレずにコソコソと無在庫転売で稼いでるわけです。

で、その抜け道って、
今は使えているかもしれないけど、
この先ずっと、
その抜け道が使えるとも限らないです。

ある日を境に、
急にそのマーケットから締め出しを食らうかもしれない。

そうなったら、
その日から売上は「ゼロ」になります^^;

今まで積み上げてきたものが、
ひょんなことで
全てを失ってしまうかもしれないわけです。

なので、
常に明るい未来が待ってるってわけでもありません^^;

そこが、
無在庫転売のネックだと思ってます。

その意味では、
有効な対策としては、
「BUYMA」を使って
無在庫転売をすることだと思います。

無在庫転売をルールで「OK」にしているマーケットって、
実はBUYMAだけなんです。

BUYMA以外のマーケットは、
どこも無在庫転売が禁止ということですね。

BUYMAなら
無在庫転売が認められてるんで、
BUYMAを使えば、
締め出しを食らって売上がゼロになるリスクはありません^^

なので、
BUYMAの無在庫転売であれば、
将来性とか未来って意味では
「明るい」と言えると思ってます。

でも・・・。

ビジネスの世界って、
何があるか分かりません。

BUYMAでさえ、
この先、一生涯、
無在庫転売を認めるとも
限らないわけですよ。

何らかの理由で、
「今日から無在庫転売は禁止です」
ってなる可能性もゼロではないと思うし、

そもそもの話ですけど、
BUYMAというマーケット自体が、
いつまで続くかは分かりません。

BUYMAだって、
結局は「企業」の一つなので、
経営方針が変わることもあれば、
時代の変化によって
経営状況が傾く可能性だってあるわけです。

そうなると、
今でこそ正々堂々と
無在庫転売ができているBUYMAも、
無在庫転売ができなくなる可能性だってあります。

だから、
BUYMAの無在庫転売も、
メルカリとかアマゾンよりかは
将来性や未来があるとは言っても、
完璧ではナイわけです^^;

そう考えていくと、

「無在庫転売って、結局、
お先真っ暗じゃね?」

と絶望しまう人もいるかもしれません。

ルールが変わってしまえば、
今まで積み上げてきたものが
「無」になる可能性だってあるわけですからね^^;

でも、
ある方法で取り組めば、
そのようなリスクを完全に避けることができます。

僕自身、
「その方法」に、
今は完全にシフトして無在庫転売をやってます^^

この方法ならば、
積み上げたものが無になることは絶対にナイし、
むしろ続ければ続けるほど積み上がっていくんで、
続けるほど楽になっていきます。

なので、
この方法で無在庫転売をすれば、
将来性も未来も実に明るいと言えます。

安心して、
腰をすえて取り組んでいって大丈夫だってことです。

じゃあ、
その方法とは、
一体何なのか?

答えを言うと
「無在庫ネットショップ」
ですね。

これからも長期的に
無在庫転売で稼いでいきたいのであれば、
いつかは無在庫ネットショップに
移行していくべきだと僕は思ってます。

これについて、
深掘りしていきますね!

ただの無在庫転売を脱却し、無在庫ネットショップに移行していくべし

無在庫ネットショップについて
理解していない人もいると思うので、
簡単に説明すると、

「無在庫ネットショップ=自分で用意したネットショップで無在庫転売をすること」

です^^

普通の無在庫転売って、
メルカリとかアマゾンとかBUYMAとか、
もともと存在するマーケットを
使わせてもらって販売するやり方ですけど、

無在庫ネットショップの場合は、
販売するマーケットを自分で用意します。

ようするに、
自分でネットショップを作ってしまって、
そのショップで無在庫転売するってことですね^^

自分で作ったショップならば、
「ルールは自分」なので、
無在庫転売をしようが
何をしようが自由なんです。

だから、
無在庫ネットショップという形で
無在庫転売をすれば、
将来性とか、
未来って意味でも、
実に明るくビジネスをやっていくことができます^^

そう考えると、
無在庫ネットショップって結局、
「実業」の世界に例えるならば、

『土地を買って、
そこに自分の店をつくって商売する』

みたいなものなんですよ。

自分の土地に、
自分のお店を建てて商売をするわけなので、
どんな手を使って商売をやろうと、
こっちの自由です。

ところが、
これがアマゾンとかメルカリを使った、
一般的な無在庫転売だと、
そうもいきません。

なぜならば、
自分の土地で商売するのではなく、
マーケット側からスペースを借りて
販売させてもらうからです。

言うなれば、
百貨店とかデパートの一角の販売スペースを間借りして
「テナント」として商売をするのが、
一般的な無在庫転売ってことですね。

でも、
テナントとして商売するのって、
いろんな意味で安定しませんよね^^;

貸主の都合で、
色々とルールも決めらてしまうし、

貸主が
「来月から賃料を値上げします」
と言ったら、
それに従う必要があります。

それに従えないなら、
そこから出ていかないといけないし、
テナントで商売するのって、
どうしても「貸主ファースト」なわけですよ^^;

貸主が全てなので、
常にそこに従わなくてはなりません。

そういう部分が、
アマゾンやメルカリを使った無在庫転売とそっくりです。

結局、
アマゾンやメルカリが貸主(ルール)なので、
そこに抗うことは不可能です^^;

つまりは、
自分の商売の「タマ」を
他者に握らせてるようなものです。

だから、
アマゾンとかメルカリを使った無在庫転売からは、
いずれは脱却すべきなんです。

早くそこから脱却して、
自分の土地に自分のお店を建てて
商売するような無在庫ネットショップに
ステージを移すべきだと思います。

そうすることで、
長期的に安定したビジネスをすることができます^^

僕自身、
そういうことを考えた上で、
今はBUYMAの無在庫転売を卒業してます。

今はもう、
無在庫ネットショップオンリーでやってる感じですね^^

そうやって覚悟を決めて
無在庫ネットショップ一本に絞った結果、
収入も安定して上がるようになりました。

やっぱり、
あれこれ手をつけるよりも、
どれか一つのビジネスに絞ったほうが
突き抜けた結果は出せると思ってます。

で、僕は、
どれか一つのビジネスに絞ると考えたときに、
とてもじゃないですけど、
これまでやってた無在庫転売に絞ることは
できないと思いました^^;

だって、
メルカリとかアマゾンとかBUYMAを使った無在庫転売って、
いつまで続くかわからないんで。

そんなビジネスに一点集中は、
さすがにリスクだと思ったんで、
一点集中できるふさわしいビジネスとして、
僕は無在庫ネットショップを選んだってことですね^^

ちなみになんですけど、
僕が無在庫ネットショップの話をすると、

「ネットショップを作れる自信がナイです・・・」

とか、相談してくる人がいます。

でも、それって、
単なる思い込みです。

別に、
ネットショップなんて、
特別な技術とかスキルなんてなくても、
誰だって作ることできます^^

というのは、
「BASE」とか「カラーミーショップ」とか、
そういうサービスが今は充実してるからです。

なので、
BASEやカラーミーショップを使えば、
知識やスキルのない人でも、
簡単にネットショップを作れます。

ま、僕が使ってるのは
「カラーミーショップ」なんですけどね。

BASEで作る人も多いみたいですけど、
以下の記事で話してる理由から、
僕的にはあまりBASEっておすすめできないんですよね^^;

関連記事:

BASEよりもカラーミーショップの方が無在庫転売に向いている理由。

ま、いずれにせよ、
BASEとかカラーミーショップみたいなサービスが
今は充実してるんで、
こういうのを利用すれば、
誰でも簡単に無在庫ネットショップを構築できるって話でした。

だから、誰にでも
無在庫ネットショップにチャレンジできる環境は整ってるし、
あとは「やるだけ」だと思いますね^^

ってなわけで、
無在庫転売の将来性とか未来の話は以上です!

普通の無在庫転売って、
いつ稼げなくなるか分からないんで、
できるかぎり、
無在庫ネットショップに移行していくのが
吉ということでした。

ではでは。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です