無在庫転売のメリットとデメリットを解説してみた。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

今日は、無在庫転売で生計を立てている僕が
無在庫転売のメリットとデメリットについて
説明していきますね。

これから無在庫転売に取り組むかどうか迷っている場合など、
その判断にしてもらえたらと^^

無在庫転売のメリットとデメリット

無在庫転売のメリットとデメリットは
このような感じになります。

メリット⇒在庫リスクがない

デメリット⇒有在庫転売よりも手間がかかることがある

このようなメリットとデメリットがあります。

これを順番に説明していきますね^^

無在庫転売のメリット:在庫リスクがない

無在庫の名前の通り、在庫を持ちませんから
基本的には在庫リスクがないです^^

無在庫転売はお客様から注文が入ってから商品を仕入れます。

普通の物販(いわゆる有在庫転売)は注文が入る前に
在庫を仕入れておきますよね?

でもそれじゃ、売れなかった場合に在庫を丸々抱えてしまうわけです。

それが無在庫転売なら、注文が入ってからの仕入れなので
後出しジャンケンみたいなものです。

利益が確定した状態で仕入れるのですから
在庫を抱えるリスクは基本ありません。

「基本ありません」と書いたのは、ごくまれに
注文が入って商品を仕入れた後に注文をキャンセルされてしまうことがあるからです^^

そうすると、仕入れた商品だけが残りますので、その場合は文字通り、「在庫」となります。

でも、注文後のキャンセルなんて、100回中2〜3回程度なので、
残りの97〜98回の取引では利益を得られるわけです。

と、考えると、仮に注文キャンセルでいくつかの在庫を抱えてしまっても
トータルの取引で見れば余裕で利益が出ているので
無在庫転売をやらないよりも、やった方が、圧倒的にメリットは大きいわけで^^

ですので在庫リスクは完全にゼロではないですけど
あってないようなリスクですし、仮に在庫が発生しても
トータルで利益が出ていれば全く問題なし、ってことです。

では次に、無在庫転売のデメリットについて説明します^^

無在庫転売のデメリット:有在庫転売よりも手間がかかることがある

在庫リスクがないけれど、手間がかかるのが無在庫転売です。

手間がかかるというのは、有在庫転売と比べた場合なんですけど、
無在庫転売の場合は、「1受注(注文)⇒1発注(仕入れ)」って感じのフローになるので
まとめて仕入れることができません。

注文が入って、その都度、1件ずつ仕入れる事になりますよね。

有在庫転売だったら、ある程度売れる商品であれば
複数個をまとめて一括仕入れできますから、
作業工程を効率化させることができます。

でも無在庫転売は各作業が1件ずつ独立することになるので
有在庫転売に比べたら手間がかかることがあるってことです。

ま、これは捉え方次第なので、
手間のかかる代わりに在庫リスクがないって思えば納得できると思いますけどね^^

僕も、手間がかかるってデメリットよりも
在庫リスクがないってメリットの方が圧倒的に大きいと思ってるから
今も無在庫転売をやってます。

どんなビジネスにもデメリットってのはあるので、
そのデメリットが、メリットと比べてどうなのか、
そこを考慮してトータルでメリットの方が大きいなら
取り組む価値はあると思いますよ^^

てなわけで、以上が無在庫転売のメリットとデメリットの説明でした。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です