無在庫転売が稼げなくなることは絶対にナイと思う理由と根拠。

 

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

副業で無在庫転売にとりくむ人も増えてますけど、
中には、こういう不安を持ってる人もいるみたいですね。

『今は稼げても、
近い将来、無在庫転売が稼げなくなる日が来るのではないだろうか?』

つまり、そのうち無在庫転売がオワコンと化し、
稼げなくなってしまうんじゃないか。

そこがみなさん、不安なわけですよね。

でも、僕からしたら、そんなのはあり得なくて、

「少なくとも僕たちが生きている間に
無在庫転売が稼げなくなることは絶対にナイ」

と強く確信してるんで、
そう思う理由と、根拠など書いていきたいと思いまっす!

じゃ、はじめますね^^

無在庫転売が稼げなくなることは絶対にナイと思う理由と根拠。

さっきも書いたように、
僕たちが生きている間は、
無在庫転売が稼げなくなることって
絶対にナイので安心してください。

じゃあ、なぜそう思うのか。

それは単純に、

「この世の中から”価格差”がなくなることはあり得ない」

からです^^

無在庫転売って、
一言で言うならば

「価格差で稼ぐビジネス」

ですよね。

この「価格差で稼ぐ」とは、
一体どういうことかというと、

たとえば、Aのマーケットで3000円で売られている商品が、
Bのマーケットでは3700円で売られてたとします。

そこに目をつけたアナタは、
その商品をAのマーケットから3000円で仕入れて、
Bのマーケットに3500円で出品したとします。

そうすると、
ライバルは3700円でその商品を売ってるのに
アナタは3500円で売ってる状況ができあがります。

当然お客さんは、
200円安いアナタから買おうと思うでしょう^^

3000円で仕入れた商品を
3500円で売るんですから、
儲けは500円になります。

これが「価格差で稼ぐ」の意味です。

どうせ同じモノを買うなら
「1円でも安く買いたい」というのは、
誰もが持っている人間の心理ですよね。

そういう心理が絶対になくなることはナイので、
そこに「価格差」があるかぎり、
それを利用すれば誰でも稼ぐことができます^^

で、さっきも書いたんですけど、

「この世の中から”価格差”がなくなることはあり得ない」

と僕は確信してます。

価格差が世の中からなくならないので、
価格差で稼ぐビジネスである無在庫転売も
絶対になくならないってことです。

この世の中から”価格差”がなくなることはあり得ない

念のため、アナタに質問なんですけど、
この世の中から「価格差」がなくなることって、
あると思いますか?

どうでしょう^^?

これに対して、僕なりの答えを書くと、
「世の中から価格差がなくなることは絶対にナイ」
と言い切れます^^

なぜなら、この世の中に存在する、
ありとあらゆる商品を同じ価格に統一するなど
絶対に不可能なことだからです。

たとえば、スーパーマーケットで売られてる「卵」を考えてみても、
各スーパーで値段ってちがいますよね。

全くおなじ銘柄の卵でも、

Aのスーパーでは219円、
Bのスーパーでは229円、

ってな感じで、
おなじものでも価格には差があるものです。

日本は資本主義社会なので、
商品の販売価格は、販売者が自由に設定できる社会です。

120円で生産者から買い付けた卵を、
店頭で219円で売ろうと、229円で売ろうと
それは販売者の自由ってことです。

もし販売価格を自由に設定できないなら
それは資本主義社会ではなく、
社会主義社会になってしまいますよね^^;

あらゆる経済活動に国が介入して
国があらゆるモノの値段を一律に決めてしまう。

万が一、日本がそんな社会主義に成り下がったなら、
価格差がなくなってしまうので、
無在庫転売では稼げなくなるんですけど、
そんなことはまず起こらないでしょう^^;

ま、仮に社会主義国家になってしまったら
みんな平等にお金が国から支給されるので
とくに無在庫転売で稼ぐ必要もなくなると思いますw

かといって、社会主義が良いのかってというと
またそれも違う話なんですけど・・・。

でもそれを話し始めるとテーマが変わっちゃうんで
触れないでおきますw

なので、いずれにしても
この世の中のすべての商品が全くおなじ値段で売られることは
絶対にナイので、それはつまり、

「どんな商品にも大なり小なり必ず価格差がある」

ということを意味します。

ま、たった1円とか2円程度の価格差なら
そもそも儲けにならないんで、
そういう商品は無在庫転売に向かないですけど、
大きな価格差がある商品だって必ず存在します。

だから、そういう商品を狙っていけば、
無在庫転売は未来永劫、稼ぎ続けることができます^^

以上のことから、
「無在庫転売が稼げなくなる日は絶対に来ない」
と、自信を持って断言します!

ちなみに、価格差がある以上、稼ぎ続けられるのは理解できたとしても、

「そもそも”無在庫”っていうスタイルで販売するのは
これからも可能なの?」

という疑問を持ってる人もいると思うんで、
最後にそこを補足しておきます。

無在庫という販売スタイルも一生なくならない

無在庫転売って、
在庫を持たずに「無在庫」で販売するスタイルですよね。

なので、その「無在庫」というスタイルが
そもそもいつまで続けられるのか。

そこが不安って人もいると思うんですよ。

でも、これも安心してほしくて
無在庫という販売スタイルも
一生なくならないと思っています^^

なぜなら、万が一、
無在庫というスタイルがダメになるとすれば、
世の中の多くの企業が立ち行かなくなることを意味します。

というのは、
意外と気づいていない人も多いんですけど、
無在庫で商品を販売している企業は
世界中に山ほど存在します。

分かりやすい例で言えば
車のディーラーなんかがそうですね。

ディーラーに車を見学しにいって、
実際にそこで車を買ったとします。

契約書などにサインして、
車の購入代金もその場で支払います。

でも、実際に車が納車されるのって、
数ヶ月先っていうケースがほとんどですよね。

なぜならディーラーは
車を「無在庫」で販売してるからです。

つまりは、ディーラーは在庫を抱えていないんですよ。

そこにあるのは試乗車であり、見本車なので
在庫ではナイです。

なのでディーラーは
お客さんから車の購入代金を受け取ったあと、
そこで初めてメーカーに車を発注したりします。

これ、どこからどう見ても、
「無在庫」での販売ですよね。

注文を受ける⇒支払いを受ける⇒商品を仕入れる

というスタイルですからね。

このスタイルは、
僕らがインターネットで行なっている「無在庫転売」と
何も変わらないじゃないですか^^

こういう感じで
世の中の企業もけっこう「無在庫」で商品を販売してたりするんです。

今回は分かりやすく車のディーラーを例にしたけれど、
周りをよく見てみると、無在庫で販売してる企業は
数えきれないほど存在します。

なので、そもそも「無在庫」で商品を販売することは
「国」が認めている「商売のあり方」であって、
それを縛り付ける法律なんてあるわけもナイのです。

そして、これからもそういう法律は
まずできないでしょうね。

無在庫で商品を販売できなくなったら
この世の中に存在する多くのビジネスモデルが破綻します。

それはイコール、国の経済を悪化させることに他ならないので
自らの税収を下げるような法律を
国が作るわけもありません。

多くのビジネスが破綻したら
日本国政府の税収もダダ下がりですからね^^;

ま、そんなわけで、
「無在庫」という販売スタイルがなくなることは絶対にナイし、
この世の中から「価格差」がなくなることもナイので、

「無在庫転売が稼げなくなる日は絶対に来ない」

というのが僕の結論です。

ぜひ安心して無在庫転売にとりくんでいきましょう!

じゃ、今日はここまでにします。

ではでは。

-----------------------------------------------------

※無在庫転売の僕なりのノウハウを一覧でまとめました!
以下から、好きなだけ学んでもらえれば嬉しいです。もちろん無料です^^

>ノウハウを学ぶコンテンツ一覧



無在庫転売8DAYSレッスンのお知らせ

無在庫転売で稼ぐためのノウハウを
基礎から応用まで学んでもらうべく、
無料のメールレッスンをはじめました。
8日間にわたって、あなたにメールを1通ずつ送り、
みっちりと無在庫転売を学んでもらいます。
8日後のあなたは、無在庫転売で稼ぐための基礎が
徹底的に叩き込まれた自分に、生まれ変わっていることでしょう。
興味がある人だけ受講してみてくださいね。

>無料メールレッスンの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です