無在庫転売で利益が伸び悩んだ時の打開策について。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

無在庫転売である程度、
稼げるようになってくると、

「利益の伸び悩み」

という問題に直面することがあります。

まー、どのビジネスも「停滞期」ってあるので、
無在庫転売だけがどうこうではありませんし、
どんなビジネスでも
多少なりとも利益が伸び悩む時ってあります。

で、僕は一応、無在庫転売の専門家なので、
今回の記事は
無在庫転売というビジネスに焦点を当てて、

「利益が伸び悩んだ時には、どうしたらいいの?」

という打開策を話していこうと思います^^

無在庫転売で利益が伸び悩んだ時の打開策について

無在庫転売で利益が伸び悩んでるから、
もっと利益を伸ばしていきたい・・・

こう考えてる人に僕がおすすめしてるのは
この2つの打開策です。

  • 販路を増やしてみる
  • 垂直展開に注力する

じゃあ、順番に見ていきましょう!

販路を増やしてみる

まず、無在庫転売で利益が伸び悩んだら
「販路」を増やすようにしてみてください^^

たとえば「BUYMA」で無在庫転売してる人が
利益が伸び悩んでいるのなら、
販路を増やすような形で、
「ネットショップ」で並行して販売しても良いと思うんです。

関連記事:ネットショップを使った無在庫転売のやり方を解説。
関連記事:カラーミーショップで無在庫転売する方法を図解で解説。

ネットショップといっても、
今はASPといって誰でも簡単にネットショップを作れるサービスが
たくさん存在しています。

「カラーミーショップ」とか「BASE」とか、
そういうサービスを使えば
無料もしくは無料に近い価格でネットショップを作れてしまうんです。

それで、BUYMAである程度売れている商品ならば
ネットショップで売れない理由なんてありませんよね^^

販路を変えることで
違うユーザー層のお客さんを集めることもできますし、
今までアプローチできなかったお客さんに
その商品をアピールできるチャンスが増えます。

ということは、
それだけ利益を伸ばせる可能性が増えるんですよ。

だから、利益が伸び悩んだら、
「とりあえず販路を増やしてみてはいかがですか?」
って話です^^

ま、何も販路を増やすといっても、
その選択肢はネットショップだけじゃありません。

たとえば、ヤフオクを販路にして
無在庫転売をやっているなら、
「アマゾン」とか「メルカリ」とか「ラクマ」とか、
そういう販路に手を広げてみるのもいいですね^^

今ヤフオクに無在庫で出品している商品を
同じようにアマゾンとかメルカリとかラクマにも
出品してしまえばいいんです。

ま、厳密には、
アマゾンもメルカリもラクマも
無在庫転売って禁止の販路ですけどね。

でも、そもそもヤフオクだって無在庫転売禁止ですから、
どうせルール違反をするなら、
1つも2つも変わらないでしょって考えであれば、
やっぱり販路は増やした方がいいです。

その方が売れる確率は上がりますので
利益も伸ばしていますからね^^

ま、とはいっても、
やっぱり無在庫転売が禁止の販路に出品すると
アカウントがBAN(凍結)するリスクもあって
色々と面倒なんで、
どうせならネットショップって販路を開拓してみるのが
良いんじゃないかと思います。

ネットショップは自分ルールで運営できるんで
無在庫転売が禁止とか、そういうルールに縛られないですし、
どうせ無在庫なんだから、
たとえ売れなくてもリスクってありませんので^^

ってなわけで、
今やってる無在庫転売の利益が伸び悩んでるなら、
販路を広げるってのも一つの手だって話でした。

じゃ、もう一つの打開策の方を説明します!

垂直展開に注力する

無在庫転売の利益が伸び悩んでるなら、
「垂直展開」に注力するというのも、
打開策としてはおすすめです^^

「垂直展開って何?」

ということですが、
まず、これと対を成す言葉に、
「並行展開」というものがあります。

並行展開が「広く浅く」に対して、
垂直展開は「狭く深く」を意味する言葉です。

で、この並行展開と垂直展開は
どちらも無在庫転売で稼ぐために意識すべき戦略です。

まず並行展開は「広く浅く」なので、
様々なジャンルの商品を
見境なく出品していく戦略になります。

メンズからレディース、
アパレルからインテリアから小物、
スポーツブランドからハイブランドまで、
ジャンルを限定せず、
ありとあらゆる商品を見境なく「広く」出品していくわけですね。

これに対して「垂直展開」というのは
「狭く深く」なので、
見境なく出品するということはしません。

垂直展開は特定のジャンルに絞って
そのジャンルを「深掘り」して出品していくんです。

じゃあ、どのジャンルを深掘りして出品するかというと、
それはズバリ「並行展開で反応のよかったもの」です。

並行展開は広く浅く、様々なジャンルを出品するので
全く反応のない商品もあれば、
やたらと反応の良い(売れる)商品ってのも出てきます。

で、それで反応の良い商品が分かったら
「垂直展開」の出番なわけです。

たとえば、並行展開で無在庫転売をしていて、
「A」というブランドの商品が
他の商品よりも反応が良かったとします。

そしたら、そこで一旦、並行展開は終わりにして、
その反応の良かった「A」というブランドの商品だけを
ひたすら深掘りして登録(垂直展開)していきます。

これまでは並行展開だったので
Aのブランドは少ない数の商品しか出品していませんでしたが、
垂直展開は「狭く深く」なので、
Aのブランド商品に絞って、
Aのブランド商品のラインナップを増やしていくんです。

すると、どうなるか?

Aというブランドは反応が良かったわけですから、
そのラインナップを増やせば、
さらに売上を伸ばせる可能性があります^^

つまり、何を言いたいかというと、
無在庫転売で効率よく稼ぎたいなら、

  • 並行展開でデータを取る(どのジャンルが反応が良いのか?)
  • そのデータをもとに垂直展開で売上を伸ばす

このような2ステップで稼ぐべきなんです。

で、今回のテーマは、
「無在庫転売で利益が伸び悩んだ時の打開策」
ですけれども、
利益が伸び悩んだ時こそ、
「垂直展開」に注力すべきってことです。

なぜならば、
垂直展開の方が少ない労力で
売上アップに直結することになるからです。

並行展開は広く浅く出品するんで、
次に出品していく商品が
売れるかどうかはわかりません。

もちろん、売れる可能性はありますけど、
見境なく出品していく商品ですから、
売れるかどうかは運次第なんです。

ところが「垂直展開」であれば、
並行展開で分かった「売れるデータ」をもとに
商品を出品していくわけなんで
並行展開と比べると、
出品する商品が売れる確率はずっと高いんです。

だからこそ、利益が伸び悩んでいるのなら
これまで無在庫転売をやってきたデータを振り返って

「どのジャンルの商品が売れていたか?」
「どのブランドの商品が売れていたか?」

という情報を参考にして、
その反応の良かったジャンル(ブランド)に絞って
商品を出品していくのをおすすめします。

ヤミクモに出品する(並行展開)よりも、
マトを絞って出品する(垂直展開)方が
当然ですけど利益って伸ばせますからね^^

ってなわけで、
利益が伸び悩んだ時こそ
ヤミクモに出品するのはヤメて
垂直展開に注力しましょうって話でした。

同じ作業をするにしても、
垂直展開に注力した作業の方が
利益を伸ばす上では効率が良いのは間違いありませんので。

とは言っても、
並行展開は並行展開で、
「データを取る」
という上では重要な戦略なので、
どっちが優れているとか、そういうのはありません。

なので、特に売上アップの緊急性のない時期には
並行展開をして「どの商品が売れるか」というデータを取り、

売上を伸ばしたい時や、伸び悩んでいると感じた時は
並行展開のデータをもとに垂直展開をしていく、
といった感じで使い分ければ良いかと思います^^

ってなわけで、
無在庫転売の利益が伸び悩んだ時の打開策として、

  • 販路を増やしてみる
  • 垂直展開に注力する

この2つを提案させていただきました。

良かったらあなたのビジネスに役立てくださいね!

ではでは。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です