無在庫転売で稼ぐ人、成功している人が意識している3つのポイント。

 

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

無在庫転売を行なう人も多いですが
稼いでいる人、成功している人もいれば
全然稼げてない人もいるなど、
結果の出る人、出ない人に2分されるなーって思ってます。

じゃー、稼げる人と稼げない人は何が違うのか。

実は、無在庫転売で稼げる人ほど、
今から言う3つのポイントを意識している傾向にあるなーと
つくづく感じます。

ですので、あなたもこの3つのポイントを意識すれば
稼げるようになる可能性は「大」だと思ってます^^

今日はそんな話をしますね^^

無在庫転売で稼ぐ人、成功している人が意識している3つのポイント。

答えから言いますね。

無在庫転売で稼いでいる人は、

  • とにかく数をこなす
  • 「集客するための商品」と「利益を得るための商品」を分けて考える
  • 水平展開と垂直展開を繰り返す

この3つをしっかりと意識してる傾向にあります^^

これって僕の師匠から伝授されたポイントなんですけど、
僕自身、この3つを意識するようになってから
無在庫転売の収入がハネたなーと^^

で、周りの無在庫転売で稼いでいる人も、
やっぱりこの3つを意識的にせよ、無意識にせよ
しっかりと実践してるんですよ。

じゃー、さらに詳しく話していきます!

無在庫転売で稼ぐ人が意識してるポイント1
:とにかく数をこなす

まずこれが一番大事なんですけど、
稼げる人ほど、数をこなしてます。

よーするに、とにかく手を動かして、
出品の数を増やすことを意識してるってことです。

泥くさく聞こえるかもだけど、
やっぱり出品数が多いほど有利です。

10商品を出して売れないなら、
100商品でも200商品でも出せばいいんです。

当然、多く出品するほど、売れる可能性も上がりますからね^^

出品数を増やすってことは、
アクセス数のアップにつながります。

で、売上というのは、

「アクセス数 × 成約率」

の掛け算で決まりますけれども、
スキルのない初心者の時期ほど、
成約率を上げるのって難しいです。

成約率は、出品ページのクオリティだったり、
色んな戦略によって左右されますけれども、
これを意識して上げるのって簡単じゃないんですよ。

だって、どんなに努力しても、
間違ったことしてれば下がる可能性があるのが
成約率ですから。

むしろ、どんなに上級者の人でも
成約率を上げるってのは、
「不確かさ」と隣り合わせなんです。

頑張って成約率を上げようと思ってやった取り組みが
マイナスに働いて、成約率を下げてしまうことだってあります。

上級者ですら、そうなるんですから、
初心者が意図して成約率を上げてくのって
かなりハードルが高いです^^;

だったら、そんな不確かなことに努力するよりも
まずは「アクセス数」を上げることに努力するのが
確実に売上アップにつながる方法なんです。

だって、アクセス数は
出品数を増やせば増やすほど上がりますから^^

ここに不確かさは存在しないです。

全く同じスキルの人が、
10商品を出すのと、100商品出すのでは、
当然、100商品出した方がアクセスは増えます。

商品数が増えるほど、「入口」も増えますから、
アクセスが増えて当然だからです。

とゆーことは、アクセス数というのは、
努力した分だけ、必ずアップできる要素なんです。

だからこそ、稼げてない時期ほど、
1にも2にも、「数をこなす」ってことを意識して欲しいんです。

さっきも言ったように、売上というのは、
「アクセス数 × 成約率」の掛け算で決まりますから、
アクセス数を増やせば、必ず売上も伸びます。

10商品出して売れないなら、50商品出す。

50商品出して売れないなら、100商品出す。

たったこれだけのことです。

シンプルでしょ?^^

稼げない人に限って、ビジネスを複雑に考えちゃうんですけど、
どこまでいっても本質はシンプルなんです。

だからまずは、手を動かし
ひたすら数をこなすようにしましょうね^^

無在庫転売で稼ぐ人が意識してるポイント2
:「集客するための商品」と「利益を得るための商品」を分けて考える

無在庫転売で稼げてない人に限って、

「出品した商品は全て売らなければならない」

とゆー考えを持ってます。

でも、結論から言うと、
この考えは捨ててください^^;

なぜかと言うと、
出品した商品が全て売れるというのは、
まずあり得ないことだからです。

どんなにリサーチした商品でも
サッパリ売れないなんてことも普通にあります。

じゃー、そういう売れない商品は
出品するのが無駄になるのか?

というと、そういうわけでもないのです。

というのは、
仮に全くその商品が売れなかったとしても、
「集客」という役割を果たしてくれるからですね。

その商品が全く売れなくても、
その商品を介して、あなたが出品している別商品を見てくれて、
そっちを買ってもらえたなら。

一見、全く売れてない商品でも、
「集客」って役割を果たしてることになるので
出品したこと自体に大きな意味がありますよね^^

だから、全部の商品を売ろうと考える必要はないんです。

・集客をするための商品
・利益を得るための商品

出品する商品には、
このような2つの役割があると思ってください。

これを理解してない人がかなり多くて、
実際、僕のところにも、こんな質問をしてくる人が多いです。

『BUYMAに出品しようと思うんですけど、
リサーチしてても、最安値で出せない商品ばかりです。
リサーチの仕方が悪いのでしょうか?』

で、こーゆー質問をしてくる人に限って、

最安値で出品できない
⇒最安値じゃないから売れない
⇒売れないなら出品する意味ない
⇒出品しないから作業が全く進まない

とゆー悪循環に陥ってます。

あのですねー^^;

確かに最安値じゃないと売れにくいけれども、
最安値じゃなくても売れる可能性はあるし、
なんと言っても出品すること自体が
そのBUYMAアカウントへの「集客」につながるんですよ。

BUYMAで無在庫転売するにしても、
まずは出品アカウントにお客さんが来ないことには、
どんなに良い商品を出品してても
売れることはないです。

だから、つべこべ言ってないで、
最安値じゃなくてもいいから、
まずは出品しましょうよ。

『最安値じゃないから・・・』
とか言って、悩んで何もできずに時間だけが過ぎていくぐらいなら、
まずは出品しちゃった方が絶対にいいんです。

もしそれで売れれば御の字だし、
仮に売れなくても、
集客にはなりますからね^^

だから、そーゆー商品は
「集客するための商品」だって割り切って、

・最悪、売れなくてもいい
・売れたらラッキー
・売れなくても集客効果につながる

とゆーマインドで出品してしまうべきです。

無在庫なんだから、
仮に売れなくても金銭的な損害ってないですよね。

あと、特に初心者のうちって、
リサーチスキルも低いんで、
儲かる商品(利益を得るための商品)って、
なかなか見つけられません。

そーゆーのは、リサーチスキルや
経験を積んでいけば見つかるようになっていきますけど、
そーゆー儲かる商品を売るにも、
お客さんを集める必要がありますよね。

なので、ゆくゆくそういう儲かる商品を出品した時のためにも
まずは今の段階から、「集客のための商品」だけでも
バンバン出品していきましょう。

集客のためと思って出した商品でも売れることってありますしね^^

まー、何が言いたいかと言うと、
結局のところ、

・集客をするための商品
・利益を得るための商品

この2種類は別物なんで、
出品した商品を全て売ろうとする必要もないし、
最安値じゃない商品でも「集客をするための商品」と割り切って
とにかく出品すべきということです。

やっぱり無在庫転売で稼げてる人って、
このあたりをしっかり意識できていて、

「仮にこの商品が売れなくても集客につながれば良い」

とゆー、割り切った考えで、どんどん手を動かしてます。

で、この積み重ねの差が、
稼げてる人、稼げない人を分けてるのかなーと。

全部の商品で利益を得ようとしてしまうと、
あれこれ考えてしまって、
なかなか作業が進みませんからね。

でも別に、全部の商品を売る必要はないんです。

とゆーか、全部の商品を売るなんて、どっちみち無理なんで^^;

だから、
「売れなくても集客になれば良い」
とゆー、時には割り切った考えで
ひたすら手を動かしていくのが重要だと思いますね。

以上です。

次の補足です。

無在庫転売で稼ぐ人が意識してるポイント3
:水平展開と垂直展開を繰り返す

水平展開とか、垂直展開とか、
ちょっと難しそうなワードだなと思うかもしれませんが、
簡単なことなんで安心してくださいw

で、これがどーゆーことかというと、
まず最初は「広く浅く」という水平展開から始めて
その反応見ながら「狭く深く」という垂直展開をしましょうってことです。

もっと具体的に説明すると、
たとえばBUYMAで無在庫転売をするのなら、
まずは、あらゆる商品を、とにかくどんどん出品していきます。

この段階は、「広く浅く」なんで、
メンズ、レディース関係ありませんし、
スポーツブランド、カジュアルブランド、ハイブランド、
もう、あらゆる垣根を超えて、
とにかく見境なく雑多に出品していきます。

そーやって「広く浅く」で出品数を増やしていくと、
アクセスがやたら集まる商品だったり、
やたらと売れ行きが良いなど、
反応の良い商品が分かってくるはずです。

そしたら、ここで「垂直展開」の出番です。

垂直展開は「狭く深く」なので、
水平展開してみて反応の良かった商品を
どんどん掘り下げていきます。

たとえば、「A」というブランドの商品が
やたらと反応が良かったのであれば、
一旦、Aというブランドに特化して、
ひたすらAの商品をメインに出品していきます。

Aというブランドは、
もともと反応が取れていた商品のブランドなので、
Aの他のラインナップの商品も
売れる可能性は高いと言えますよね。

なので、この段階まできたら、
やみくもに広く浅く出品していくよりも、
反応の良かった商品に絞って
狭く深く出品していった方が
同じ出品数をこなすにしても効率が良いですよね。

これが、水平展開と垂直展開を繰り返す、の意味です。

水平展開でデータを取って、
そのデータをもとに垂直展開で売上を伸ばしていくってことですね^^

で、これは言うまでもなく、

「水平展開⇒垂直展開」

ってゆー順番だからこそ意味があります。

最初から「垂直展開」をしようと思っても、
売れない商品を深く掘り下げて垂直展開したって
全く意味がないですから、

「どの商品が反応が良いか(どれを垂直展開すべきか)」

を見極めるという意味でも
先に水平展開をして、
データを取る必要があるってことです^^

それで、この水平展開を通じてデータを取るためにも、
この記事で、3つのポイントのうちの一つとして挙げてた、

「とにかく数をこなす」

とゆーのが重要になってくるんです。

数をこなさないことには、
どの商品が反応が良いかもわからないですから、
本格的に売上を作る「垂直展開」というフェーズにも移れません。

だからこそ、1にも2にも最初は数をこなして
ひたすら出品を繰り返して、
どの商品が反応が良いのかデータ集めをしてほしいです。

そのデータが集まれば
データをもとに深掘り(垂直展開)をしていくことで
売上を伸ばしていけますからね^^

ってなわけで、今回は以上です。

無在庫転売で稼いでいる人が意識している3つのポイントは、

  • とにかく数をこなす
  • 「集客するための商品」と「利益を得るための商品」を分けて考える
  • 水平展開と垂直展開を繰り返す

これだという話でした!

学びになれば嬉しいです^^

ではでは。

 

あとがき

こーゆー感じで無在庫転売のノウハウとか記事にすると、

『どーしてアキラさんってそんなにノウハウとか知ってるんですか?』

と質問が来ることがあります。

でも、別に自分では色々知ってるとか、
そーゆー自覚は全然なくて、
ほとんどは師匠の受け売りですから^^;

僕の無在庫転売のノウハウのほとんどは、
師匠(年収1億円弱のすごい人)から学びました。

そんな師匠が、月々5千円以下という破格で
直接的な指導をしてくれるサポートが付いてる、
すげー「教材」があるんですけど、
僕もけっきょく、それで学んだだけですから^^;

僕自身は全然、すごくないっすw

一応、その教材の詳細を貼っておきますけど、ライバル増えるとヤなんで
やる気ない人は見なくてOKです^^;

・YMC(ゆのきち無在庫販売クラブ)って教材のレビュー

 

 

 


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です