eBayの無在庫転売を僕が絶対やらない理由。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

無在庫転売といえば、
BUYMAや無在庫ネットショップなどを「販路」として使うのが
一般的だと思います。

けれども、
中には「eBay」を販路にして無在庫転売をしてる人もいます。

eBayとは、
海外のオークションサイトのことですね。

ちょうど上のようなサイトがeBayですけど、
eBayといえば、
輸入転売をやってる人たちに「仕入先」として使われることが多いです。

ところが、
このeBayを「仕入先」ではなく、
「販路」として利用して、
無在庫転売をやっている人もいます。

具体的には、

  1. ヤフオクやアマゾンなどの国内サイトで売られてる商品をeBayに出品
  2. eBayで売れたら、国内サイトから商品を仕入れて海外のお客さんへ発送

という感じで、
「輸出」のスタンスで無在庫転売をするようなイメージです^^

たしかに、
これでも無在庫転売としては成立するんですが・・・。

でも、正直に言います。

無在庫転売で生計を立てているこの僕でも、
このeBayを使った無在庫転売は

「絶対にやらない」

と決めているし、
今後やる可能性も完全にゼロなんですよね^^;

無在庫転売には、
いろんな手法があるけれど、
このeBayの無在庫転売だけは、
絶対にやらないし、やりたくもないですね・・・^^;

そう思う理由を、
これから書いていこうと思います。

eBayの無在庫転売を僕が絶対やらない理由。

まず先に、僕が今、
どんな無在庫転売をやって生計を立てているのか、
その部分から話そうと思います。

僕がやってる無在庫転売は、

  • BUYMAを利用した無在庫転売
  • ネットショップを利用した無在庫転売(俗に言う無在庫ネットショップ)

この2つがメインです^^

そして、
どちらの無在庫転売をやるにしても、
僕の場合、仕入先は「海外サイト」です。

関連記事:

無在庫転売をやる時の商品の仕入れ先はどうしたら良い?オススメの仕入先を紹介。

海外サイトで売られてる商品を、
そのままBUYMAやネットショップに出品登録して、
注文が入ったら海外サイトから日本に仕入れて、
お客さんへと発送する感じですね。

ま、現在は、
以下の記事で話しているような理由もあって、
BUYMAは、ほとんどやってなくて、
無在庫ネットショップの方がメインになりつつありますが・・・。

BUYMAの無在庫転売には限界があるという現実について。

なので、
厳密にいえば、
今僕が力を入れてるのは、
ネットショップを利用した無在庫転売になります。

俗に言う、
「無在庫ネットショップ」ってやつですね^^

売上もそれなりに出てるし、
今の僕のメインは、
無在庫ネットショップなのです。

でね、こうやって決して少なくない金額を
無在庫転売で稼ぐことができているわけだけど、
僕が絶対にやらないと決めている無在庫転売があります。

それが、
今回のテーマでもある
「eBayを利用した無在庫転売」
ですね。

こればっかりはもう、
絶対にやらないし、
やりたくもないですね^^;

実は、過去に僕は、
このeBayを利用した無在庫転売に
挑戦した経験があります。

けれども、
後述の理由で、
身を引くことになりました。

じゃあ、なぜ僕は、
eBayを利用した無在庫転売を
「絶対にやらない」と思っているのか。

答えを話すと、

「英語力がないと、まともに稼ぐこともできない」

これが、
その理由の答えですね。

英語ペラペラじゃない限りは、
eBayの無在庫転売で稼ぐのは、
むずかしいと思った方がいいですね^^;

そのあたりを詳しく話します。

eBayの無在庫転売は英語力がないと、かなり厳しい戦いになる

先に断っておくと、
eBayの無在庫転売って、
別に、ダメなビジネスじゃないんです。

むしろ、稼いでいる人は、
しこたま大きな金額を稼いでいるケースもあるし、
ビジネスモデル的にはグッドだと思います。

けれども、
eBayの無在庫転売で稼いでいる人に
共通しているのが、

「英語力がバツグン」

ということなのです。

それこそ、
ネイティブレベルの人なんて、
ザラにいます。

もし仮に、
「英語が全然できないのに稼げている」
なんて人がいれば、
その人は恐らく、

「英語ができる人」

がバックについてますね。

優秀な通訳さんと契約してたり、
家族や友人で英語がめちゃめちゃできる人がいたり・・・。

いずれにせよ、
本人が英語ができなくても、
英語ができる人が周りにいる環境であれば、
eBayの無在庫転売でも稼げるとは思います。

でも、そういう環境がなくて、
英語も大してできないなら、
eBayの無在庫転売で稼ぐには、
相当厳しい戦いが待っていると思った方がいいです^^;

というのも、
eBayの無在庫転売の場合、

「販売の場面で英語を使う」

という必要があるからです。

これこそが、
eBayの無在庫転売に、
英語力が必要になる理由です。

正直な話、

  • 「販売」で英語を使うのか
  • 「仕入れ」で英語を使うのか

では、
求められる英語力がまるで違います^^;

たとえば僕なんかは、
英語がほとんどできません。

それでも前述したように、
海外サイトを仕入先として、
無在庫転売を行なっています。

もちろん、
仕入先が海外サイトなので、
仕入れるときは英語を使います。

けれども、
英語が全然できない僕でも、
それが問題にならないのは、

「仕入れの場面で英語を使うから」

です。

仕入れの場面ということは、
こちらは「お客さん」になります。

仕入先から見れば、
僕らはお客さんなのです^^

だからこそ、
たとえこっちの英語が微妙だったとしても、
あちら側が意図を汲んでくれたり、
フォローしてくれます。

つまり、
「こちらの英語を理解する努力」
を相手がしてくれるわけですね^^

なぜならば、
あちら側(仕入先側)にとっては、
それが「商売」だからです。

こちらは良くも悪くも「お客さん」なので、
仕入先から見れば「お金」の対象です。

ということは、
言い方は悪いですが、
仕入先側は「お金のため」に、
英語の理解に全力を尽くしてくれます。

たとえ、
こちらが文法が崩れまくった、
おかしな英語を使ったとしても、
仕入先側は「お金のため」に、
こちらの英語の理解に努めてくれるわけですね^^

だからこそ、
僕みたいな英語オンチでも、
海外サイトを仕入先にした無在庫転売で稼ぐことができてます。

けれども、
もしこれが「販売の場面」で英語を使う必要があるならば、
話は大きく変わってしまいます。

eBayで無在庫転売をするということは、

  • 仕入先=国内サイト(日本語を使う)
  • 販売先=eBay(英語を使う)

こういうことになります。

仕入れのときに「日本語」を使って、
販売のときに「英語」を使うわけですね。

で、これだと、
やっぱり英語ができないと相当苦労します^^;

僕も実際に、
かなり苦労しましたね。

だって、
英語を使う相手は、
僕らからすれば「お客さん」なわけです。

当然、文法の崩れた適当な英語を
使うわけにもいきません。

ま、通常のやりとりであれば、
多少英語が崩れていたとしても、
お客さん(外国人)の方も

「日本人の販売者だし、英語が少しおかしいのも仕方ないよね」

と、大目に見てくれることもあるでしょう。

でも、もしこれが、
「トラブル」「クレーム」の場合だったら?

これはもう、
間違いなく、
適当な英語を使うことなんてできません。

転売ビジネスって、
どんなに気をつけていても、
お客さんからのクレームが入ったり、
トラブルが起こることってあると思います。

もちろん、
きちんとやっていれば、
トラブルやクレームなんてそうそう起こることもないけど、
ビジネスをやる以上は、

  • 間違った商品を届けてしまった
  • 届いた商品にキズがついていた
  • 届いた商品の実物とイメージが違った

などなど、
こういったトラブルやクレームが届くケースもあるはずです。

そんなときに、
適当な英語を使っていたら、
とてもじゃないですけど、
問題は解決しないです^^;

解決しないどころか、
火に油を注ぐかのように、
お客さんの怒りをさらに増幅させてしまう可能性すらあると思います。

だからこそ、
販売のときに英語を使うのって、
「非常にデリケートな問題」なのです。

少なくとも、
仕入れのときに「お客さんの立場として英語を使う」のと、
販売のときに「お店の立場として英語を使う」のでは、

「求められる英語レベルは全然ちがう」

ということですね^^;

僕も、
この問題には、
相当悩まされました。

当初は、

『自動翻訳サイトを使っておけば、英語なんて問題ないっしょ!』

なんてタカをくくってたんですけど、
いざやってみると、
想像よりも厳しい世界が待ってたんです。

それこそ、
仕入れのときならば、
自動翻訳サイトで訳した英語で
問題なくコミュニケーションができてたし、
ビジネスも円滑に進んでました。

ところが、
販売のときに使う英語となると、
自動翻訳サイトじゃあ、
とてもじゃないですけど対応しきれません^^;

自動翻訳サイトって、
どこまでいっても「AI」での翻訳なんで、
やっぱり限界があります。

だから、
「お客さん」に対して英語を使わないといけないような、
重要な場面では、自動翻訳サイトなんて、
まず役に立たないです。

なので、やっぱり、
そういう翻訳サイトに頼らずとも、
英語を使いこなせるくらいの英語力がないと、
eBayでの無在庫転売は「地獄」を見ます。

これは冗談抜きで、
僕がそういう地獄を体験しました。

「届いた商品にキズがついている」
というクレームを外国人のお客さんからもらったんですけど、
あっちは怒りくるってるし、
こっちの英語は自動翻訳で訳した「インスタントな英語」なものだから、
お互いの主張や意見が食い違って、
どんどんあらぬ方向へと話が進んでいきました^^;

もう本当に胃が痛かったし、
あわや国際訴訟にまで発展するところまで話は大きくなり、
本当に大変でしたね。

そういう経験をして、
eBayの無在庫転売で稼ぐには
「英語力が必要不可欠」だと悟ったし、
僕には、そんな英語力もナイわけで、
結果的に、eBayの無在庫転売からは完全に身を引きました。

何度も言いますけど、
仕入れのときに英語を使うのと、
販売のときに英語を使うのでは訳が違います。

そこを甘く見て、

「なんとかなるっしょ!」

の精神でeBayの無在庫転売をやると、
痛い目を見る可能性が高いので、
くれぐれも注意してください。

ちなみに、巷では、

「eBayの無在庫転売に使える英語の例文のテンプレート」

みたいなものを提供してる人もいて、

『このテンプレートがあれば、英語ができない人でもeBayで稼げますよ!』

なんて豪語してる人もいますけど、
ハッキリ言って、そんなに甘くないです

仮にそういうテンプレを使ったところで、
ほぼ意味がないと思ってください^^;

そもそも、
「例文(テンプレ)」だけで対応できるなら誰も苦労しません。

クレーム対応やトラブル対応の場面って、
テンプレなんかそもそも通用しない世界ですよね?

というより、
テンプレが通用しないからこそ、
クレーム対応やトラブル対応ってむずかしいんですよね。

日本語ですら、
クレーム対応にはテンプレがないし、
なかなか骨の折れる作業だと思います。

日本語ですら、
そのくらい大変なんだから、
それが英語になると考えたら・・・。

もうテンプレなんてあってもなくても、
全く関係ナイ世界なわけですよ。

そこに必要なのは、
「絶対的な英語力」です。

絶対的な英語力がないと、
とてもじゃないですけど、
何かクレームやトラブルがあったときに対応しきれず、
相当イタイ目を見ると思います^^;

以上のような理由から、
僕はeBayを使った無在庫転売は
「絶対にやらない」
と決めてます。

わざわざイバラの道を進む必要もないですしね。

僕だったら、
無在庫転売をやるにしても、
もっと簡単な方法を選びますね^^

それこそ、
僕がやってる海外サイト仕入れの無在庫転売であれば、
英語を使うのは仕入れのときだけだから、
無料の翻訳サイトだけでも十分に対応できるし、

何より、
僕らの英語を理解しようと
仕入先の方が全力を尽くしてくれますからね。

だから、
海外サイトから仕入れる無在庫転売なら、
英語力がなくても全く問題ナイのです。

現に僕は、
その無在庫転売で生計を立てています。

上手くやれば、
数百万円レベルの収入も目指せるのが、
海外サイト仕入れの無在庫転売なので、
僕的には断然、こっちをおすすめします。

ちなみに、
海外サイトから仕入れる無在庫転売のやり方ですけど、
必要な知識とかノウハウなどを、
僕のメルマガの方で無料で解説してます。

それにもし興味があれば、
気軽にメルマガで学んでみるのも良いでしょう^^

→僕のメルマガ

ってなわけで、
今日のところは以上です。

eBayの無在庫転売をやるには、
英語力がないと、
かなりむずかしいという話でした。

ではでは。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です