無在庫転売のおすすめの仕入れサイト9選を特別に公開します。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

今日は、無在庫転売で稼ぎたいと思っているアナタに向けて、

『おすすめの仕入れサイト9選』

を特別に公開していこうと思います。

サイト名そのものをズバリと公開するので、
そのまま真似してもらってもOKです。

ま、もちろん、
そのサイトの中から儲かる商品を探し出せるかは、
あなた次第にはなるとは思います。

でも、「おすすめの仕入サイト」自体は
この記事でズバリと公開するので、
何らかのヒントは絶対に得られるはずです^^

じゃ、ぼちぼち始めていくとしましょう。

無在庫転売のおすすめの仕入れサイト9選

今回は、海外サイトだけじゃなく、
国内サイトも紹介します。

以下の記事でも書いている通り、
無在庫転売をやるなら「海外サイト」からの仕入れを
僕は推奨しています。

参考記事:無在庫転売をやる時の商品の仕入れ先はどうしたら良い?オススメの仕入先を紹介。

でも、国内サイトが必ずしもダメってわけじゃないんです。

国内サイトの中には、
しっかり稼げるサイトもあるんで、
そういうのも含めてご紹介できたらなと^^

じゃあ、先に結論から話しますけど、
おすすめの仕入れサイトは以下の9サイトです。

  1. ネッシー
  2. スーパーデリバリー
  3. 未来問屋
  4. eBay
  5. 海外アマゾン
  6. Etsy
  7. タオバオ
  8. DHgate
  9. AliExpress

順番に見ていきましょう!

ネッシー


URL:https://www.netsea.jp/

ネッシー(NETSEA)は、
いわゆる「卸サイト」です。

このサイトから商品を仕入れるには、
ちょっとした審査が必要で、
誰でも仕入れられるってわけじゃありません。

でも、そんなに難しい審査でもないので、
しっかりと用意して臨めば審査をパスできるはずです^^

それで、誰でも仕入れられるわけじゃないからこそ、
仕入先としてはおすすめなんです。

なぜならば、
誰でも簡単に仕入れられるサイトだと、
あっという間に飽和してしまうからです。

その点で言えば、
審査っていう参入障壁がある仕入先だからこそ、
ネッシーからの仕入れは
ビジネスとして成り立つというわけですね。

そういう理由から
おすすめの仕入れサイトの一つとして
ネッシーを僕は推奨してます。

スーパーデリバリー

URL:https://www.superdelivery.com/

スーパーデリバリーも
先ほどのネッシーと同様、「卸サイト」です。

こちらも仕入れるためには審査があるので、
ネッシーと同じく参入障壁が生まれ、
ビジネスとして成り立ちやすいため、
仕入先としてはおすすめだと思っています。

さらに言うと、
スーパーデリバリーの審査は
ネッシー以上に厳しいと言われてます。

なので、その分、
審査を通ったときの見返りはデカイんです。

審査が厳しい分、それを通過することができれば
よりライバルの少ない仕入先から
商品を仕入れられるってことになりますからね^^

審査は受けるだけ無料なんで、
まずは審査にトライしてみれば良いと思いますよ。

未来問屋

URL:https://miraitonya.net/

未来問屋は、腕時計が専門の仕入先サイトです。

こちらも「卸サイト」の部類になります。

でも、ネッシーやスーパーデリバリーとの違いは、
未来問屋は「デポジット制」だってことです。

あらかじめ未来問屋の指定する口座に
デポジット(保証金)を納めておいて、
そのデポジットの金額の範囲で仕入れができるって形ですね^^

ま、とはいっても、
最初は3000円とか5000円とか、
必要最低限の仕入れができるデポジットだけ
入金しておくだけでOKです。

あくまで、入れておいたデポジットの中で
仕入れができるって話なので、
このサイトから出品した商品ごとに
デポジットを入れなきゃいけないわけじゃないです。

未来問屋の商品を、
100商品や200商品という感じで
大量に出品したとしても、

それらが売れない限りは仕入れも発生しないんで、
デポジットは必要最低限(1商品分)だけ入れておけば
問題ないってことですね^^

そんな未来問屋ですけど、
腕時計を定価よりも安く仕入れることができるんで、
仕入先としては普通におすすめできます。

腕時計って季節に関係なく売れますし、
手堅く稼げる商品の一つです。

以上、未来問屋の説明でした。

eBay

URL:https://www.ebay.com/

ebayは海外のオークションサイトです。

利用するには英語が必要ですけど、
慣れてしまえば問題ないと思います。

ebayには日本と価格差のある商品が山ほど眠ってるんで、
ここを仕入先にすると、大きく稼げるチャンスがあります^^

でも、一つ注意点があって、
ebayを仕入先にして無在庫転売をするなら

「中古品は扱わない」

ということを守ったほうがいいです。

というのは、
中古品って基本的に「1点モノ」なんで、
その商品が売れたらそこで終わりです。

二度と同じ商品は仕入れられないので、
いざ注文が入って仕入れようと思ったときに、

「すでにebayから仕入れができなくなっている」

という可能性があるからです^^;

なので、イーベイを仕入先にするなら、
新品商品だけにしたほうがいいと思います。

新品商品なら、
基本的に何度も手に入るはずなので、

「売れたけど仕入れられない」

ってリスクを避けることができますからね。

ま、これはebayに限ったことじゃないですけど、
在庫を持たずに商品を販売しようと思うなら、
どの仕入れ先の場合でも、
中古品を扱わないってのは鉄則の一つです。

認識しておきましょう^^

海外アマゾン

URL:
http://amazon.com/(アメリカアマゾン)
http://amazon.it/(イタリアアマゾン)
https://www.amazon.de/(ドイツアマゾン)
https://www.amazon.fr/(フランスアマゾン)
etc..

ご存知の人も多いでしょうけど、
アマゾンって世界各国にその国のアマゾンが存在します。

日本なら「amazon.jp」ですけど、
アメリカなら「amazon.com」、
イタリアなら「amazon.it」みたいな感じで、
国ごとにアマゾンがあるんです。

それで、各国の海外アマゾンというのも、
仕入れ先に使うことができます。

日本で人気のある商品が、
海外アマゾンでは
もっと安く手に入るケースもたくさんあるからです。

ま、海外アマゾンといっても、
どの国のアマゾンを使うのかなど、
選択肢はたくさんあります。

けれども、一つ言えることは、
しっかりとリサーチすれば、
どの海外アマゾンでも、
無在庫転売で儲かる商品を見つけることができるってことです^^

ぜひ色んな国のアマゾンをチェックしてみてくださいね。

Etsy

URL:https://www.etsy.com/

etsyとは、主に
「ハンドメイド商品」が
売買されている海外サイトです。

あまり馴染みのないサイトかもしれないですけど、
ここを仕入れ先としてこっそり使って稼いでいる人も
普通にいたりします。

出品されている商品数もかなりありますし、
珍しい商品がもり沢山なんで、
仕入先としては、
地味に優秀なサイトだなと個人的には思ってます^^

タオバオ

URL:https://world.taobao.com/

タオバオ(Taobao)は中国のサイトです。

中国輸入をしている人にとっては
定番のサイトですけど、
やっぱりそれだけ儲かる商品が眠ってるサイトです。

でも、タオバオから仕入れる場合、
基本的には「買い付け代行」の会社を使う必要があります。

自分自身で仕入れられないこともないですけど、
英語じゃなくて中国語を使うことになるんで、
よっぽど中国語ができるという場合をのぞいて、
仕入れる時は買い付け代行を使うのが無難ですし、
それが一応、セオリーみたいになってますね。

なので、そこが面倒と思うかもしれませんけど、
儲かる商品もたくさん売られているんで、
仕入先として使う価値はあると思います^^

ま、買い付け代行を使うのが面倒で、
自分で中国から直接仕入れをしたいって場合は、
このあとに話す「DHgate」や「Aliexpress」の方が
おすすめかもしれませんね。

DHgate

URL:https://www.dhgate.com/

この「DHgate」は、
さっき説明したタオバオと同じで、
中国のサイトになります。

でも、タオバオと違うのは、
仕入れるときに買い付け代行業者を使う必要がないって部分です。

英語で利用できるサイトなので、
直接仕入れができるということですね^^

なので、タオバオよりも、
DHgateの方が楽といえば楽です。

このサイトは
売られている商品もかなりの数になるんで、
儲かる商品はゴロゴロ眠ってます。

僕もたまーに、
ここを仕入先にして無在庫転売しますね。
(主に自社ネットショップが販路です。)

Aliexpress

URL:https://www.aliexpress.com/

Aliexpressは、
タオバオと同じ「アリババグループ」の中国サイトです。

タオバオもAliExpressも
同じグループが運営していますけど、
Aliexpressは外国人向けにのサイトになるんで、
タオバオみたいに買い付け代行業者を使わずに、
自分で直接買うこと(仕入れ)ができます。

でも、その分、同じ商品でも
タオバオよりも値段が高くなっている傾向にあります。

ま、とは言いつつも、
そこまで値段に大きな差はないですし、
誤差の範囲かなーと思います。

なので、よっぽど大量の仕入れをしない限りは、
値段はそんなに気にしなくても良いと思いますけどね。

無在庫転売なんて、
基本は1個ずつ仕入れることになりますから、
仕入れ値もそうですけど、
「仕入れやすさ」も気にするべきです。

その方が、全体的に作業が楽になるからです^^

その点で言えば、
Aliexpressなんかは業者を介すことなく仕入れができるんで、
タオバオを使うよりも仕入れやすいと言えます。

そのあたりを加味して、
タオバオから仕入れるのか、
AliExpressから仕入れるのか
判断していけばいいと思います^^

仕入れサイトも重要だけど、どの販路で売るかも重要

さてさて、ここまでの説明で、
仕入れサイトの説明をしてきましたけど、
無在庫転売で稼ぐには、
「仕入れ先」だけじゃ不十分です。

仕入れ先に加えて、
「販路」も考慮する必要があります。

どこから仕入れて、
どこで売るか。

それが決まるからこそ、
無在庫転売は成立することになるからです^^

なので、

「どこで売るか(どの販路を選ぶか)」

ということについても、
最後に簡単に説明しておきますね。

それで、まずは前半に説明した以下のサイトから見ていきます。

  • ネッシー
  • スーパーデリバリー
  • 未来問屋

これらのサイトはどれも
「国内サイト」になります。

で、これらのサイトを仕入先にして無在庫転売をするなら、
その販路としては、

  • ヤフオク
  • アマゾン
  • メルカリ
  • ネットショップ

このあたりが考えられます。

国内仕入れの商品は、
ルール上、「BUYMA」で販売することはできないんで、
必然的にこういったサイトが販路になるわけです。

でも注意して欲しいのが、

「ヤフオク・アマゾン・メルカリ」は、
どれも無在庫転売が禁止されてる

ということです。

ま、バレなければそれまでですし、
バレずに無在庫転売している人もたくさんいますけど、
厳密にはルール違反だってことですね^^;

万が一、無在庫転売がバレてしまうと
アカウント凍結のリスクもあるんで、
そこだけは注意してください。

でも、ルール違反だからこそ、
上手くやれば稼ぐこともできるという側面もあるんで、

  • アカウント凍結のリスク
  • 得られる利益

を自分の中で天秤にかけて、
ヤフオクやアマゾンなどを販路にすべきかどうか
判断すればいいと思います。

ちなみに僕は、
そういう販路で無在庫転売をするのは
否定派ですけどね^^;

ただ、ヤフオクの場合なら、

「落札されてから商品を発送するまでの期間」

を、ある程度、自分で決めることができるんで、
落札から発送までのリードタイムを長めに設定しておけば、
無在庫転売がバレる確率を下げることはできます。

そのあたり、以下の記事でも説明してます^^

ヤフオクで無在庫転売やる方法、教えます。(悪用禁止)

なので、「ヤフオク・アマゾン・メルカリ」の中であれば、
ヤフオクが一番リスクは低いとは思います。

ま、とは言いつつも、
やっぱりルール違反はルール違反なんで、
そのへんは自己責任で取り組むようにお願いします^^;

でも、ルール違反という危ない橋を
渡りたくないって場合は、
「ネットショップ」を販路にするしかないですね。

ちなみに、
ここで言うネットショップというのは、
カラーミーショップとかのサービスで作るような
自前のネットショップのことです。

巷の情報発信者には、
「Yahooショッピング」や
「楽天市場」などのモール出店を引っくるめて
ネットショップって呼んでる人もいますけど、

あくまで僕がここで言うネットショプは、
モールに出店するものじゃなくて、
「自前」のネットショップです。

そもそも、Yahooショッピングとか楽天市場も
無在庫転売は禁止ですからね^^:

で、話を戻しますけど、
自前のネットショップであれば、
完全に自分ルールで運営できます。

なので、当然ですけど無在庫転売もバリバリOKです^^

では次に、以下のサイトを仕入先にする場合の販路です。

  • eBay
  • 海外アマゾン
  • Etsy
  • タオバオ
  • DHgate
  • AliExpress

これらは海外サイトですけど、
これらを仕入先にするなら、
販路は基本的に

  • ヤフオク
  • ネットショップ

このいずれかになると思います。

ま、ヤフオクはさっきも話したように、
無在庫転売が禁止ではありますけど、
落札(支払い)から商品発送までのリードタイムを

「14日以降」

と設定した上で商品を出品すれば、
無在庫転売がバレにくくはなります^^

ただ、言わずもがな、
ヤフオク側に無在庫転売がバレると、
アカウントが凍結するリスクもあるんで、
そこはご自身で判断してください。

もしそういうリスクを負いたくないなら、
やっぱりネットショップを販路にするのが無難ですね。

ネットショップなら
完全に自分ルールで運営できるんで、
もちろん海外サイトを仕入先にするような形式でも
全く問題なく無在庫転売することができます^^

ネットショップ上に、

『ご注文後に海外後の契約メーカーから取り寄せますのでお届けまでに3週間前後かかります』

と書いておけば、
それに了承したお客さんが注文してくれることになるんで、
トラブルも防げますしね^^

僕が無在庫転売をやるときの販路は、
最近はこのネットショップがメインになりつつあります。

ネットショップは軌道に乗ってしまえば、
安定的に稼ぎ続けることができるんで、
何だかんだで、やっぱりおすすめです。

でも、その分、自分で集客する必要があったりと、
ネットショップを販路にするのは難易度も高いので、
ある程度は努力する必要はありますが…

それでもネットショップをやりたいなら、
以下の記事なんかを参考にしてもらえたらと^^

参考記事:ネットショップを使った無在庫転売のやり方を解説。
参考記事:無在庫ネットショップでどうやって集客するの?
参考記事;無在庫ネットショップの仕組みを詳しく解説してみた。

それと、海外サイトを仕入先にする場合は
「BUYMA」もおすすめの販路になるんですけど、
BUYMAの場合、

  • 出品できるのは基本的にアパレル商品に限る
  • 仕入れ先として禁止されている海外サイトが複数ある

といった感じで、色々と制約も多いです。

それこそ、
今回の記事で紹介した仕入れ先サイトなんかは、
そのどれもが
「BUYMAに出品することができない仕入れ先」
になっています。

なので、BUYMAで無在庫転売をしたいなら、
今回の記事で挙げたような仕入先を使うんじゃなくて、
出品したい商品ごとに仕入先サイトを探していく必要があります。

そのあたり、以下の記事が割と参考になると思うんで、
必要に応じて参考にしてみてくださいね^^

>無在庫転売で儲かる商品、稼げる商品を探すリサーチの方法とは?

てなわけで、
「無在庫転売のおすすめの仕入れサイト」の紹介は以上になります!

分かりにくい部分とかあれば、
気軽に僕宛に問い合わせてきてくださいね^^

ではでは。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です