転売・せどりでよく聞く「利益率」って何?知らない人の為に利益率について解説。

こんにちは、
無在庫転売で飯を食うアキラです^^

転売とかせどりをやっていると、
「利益率」って言葉をよく耳にしませんか?

『利益率が◯◯%だから何ちゃら・・・』
『売上に対する利益率が◯◯%の場合・・・』

などなど、
利益率というワードは
転売系のビジネスをやってるなら
絶対に一度は聞いたことがあるはずです。

ところが、中には

『利益率って何よ?』

という人も少なくないと思います。

そこでこの記事で、
「利益率とは何なのか?」
ということを解説します。

利益率って何かよくわからないって場合は、
この記事を参考にしてくださいね^^

転売やせどりで耳にする「利益率」とは何なのか?

利益率とは何者なのか・・・。

その答えを、
シンプルに説明するならば、

「売上金額に対する利益の割合」

のことです^^

たとえば、
「8000円」で仕入れた商品を、
「10000円」で転売したとします。

そうすると、
まず利益は「2000円」となりますよね。

それで、この場合の利益率は
いくらになるのかというと、
売上「10000円」に対して、
利益は「2000円」なので、
利益率は「20%」になります。

利益率とは、
売上金額に対する利益の割合なんで、
売上「10000円」に対して利益が「2000円」ですから、
その利益の割合は20%となるわけです^^

ここまでは簡単ですよね。

でも今のは、
売上が10000円だったから
利益率を計算しやすかっただけです。

10000円の20%が2000円だなんてのは、
多分、小学生でもすぐに分かることだと思います。

ところが、もしこれが、
売上が「13478円」で
利益が「3711円」とか、
そういう数値だった場合、瞬時に利益率を計算できますか?

よっぽど数学に強くない限り、
パパッとは利益率を導き出せないと思います。

そこで役に立つのが、
利益率を計算するための「計算式」です。

利益率の計算式

計算式に当てはめることで、
利益率というのは簡単に導き出すことができます。

その計算式とは、

「利益率=利益額 ÷ 売上 × 100」

です。

たとえば、
利益額が「2000円」、
売上が「10000円」なら、

2000 ÷ 10000 × 100 = 20

となるので、
利益率は「20%」だという計算になるわけですね^^

なので、利益率を求めるときは、
この計算式に当てはめればOKです。

さっき例として挙げた、
売上が「13478円」で
利益が「3711円」というような複雑な数値でも、

3711 ÷ 13478 × 100=27.533

というように計算式に当てはめれば
利益率はおよそ28%だということを導くことができます。

以上、
利益率とは、売上に対する利益金額の割合のことであり、
このような計算式で求めるという話でした^^

で、利益率とは何ぞやという説明はここまでにしておいて、
ここから先は、さらに踏み込んだ話をしたいと思います。

目標とするべき利益率は何%か?

転売やせどりをやっている人たちの間で、
よく論争が起こることの一つに、

『利益率って何%を目指すべきなの?』

というものがあります。

でも、これって人によって、
何%が良いのかって答えはバラバラです。

だから正直、正解ってないんですよね。

利益率は20%あればOKだという人もいれば、
最低でも30%を目指すべきだって人もいます。

でも、これに対して僕なりの考えを言わせてもらうと、

「そもそも利益率には目標を設定しない方がいい」

と思ってます。

よく、転売で儲かる商品を探すためのリサーチをするときに

「利益率が20%以上ある商品を狙ってリサーチしましょう♪」

とかサラッと言ってる人もいますけど、
僕的にはこれは「イケてない」と思ってしまいます^^;

なぜならば、儲かる商品を探していくときに
「利益率はいくら以上のものにする」
といった目標を設定してしまうと、
そもそも儲かる商品が見つからないってことになる可能性が高いからです。

儲かる商品を探していく作業を、
「商品リサーチ」と呼びますけど、
商品リサーチにおいては、
利益率の高い商品を狙う場合ほど、
その「難易度」も高くなります。

というのは、利益率の高い商品ほど、
ライバルたちが狙い合うので、
必然的にそれを探すのって難しくなるものなんです。

だから、とくに初心者のうちほど、

「利益率は〜〜%以上」

という目標を立ててしまうと、
その条件に合わない商品は見逃してしまうことになります。

その結果として

『今日は1日中、商品リサーチをしたのに儲かる商品を一つも見つけることができなかった・・・。今日もタダ働きかよ・・・・』

ということになってしまうわけです。

あと、商品リサーチって「運」の要素も絡んでくることがあります。

要するに、「巡り合わせ」的な側面もあるので、
そんな中で利益率を目標に設定してしまうと、
なおさら儲かる商品が見つからないっていう日も
頻発することになってしまいます^^;

だから僕的には、
儲かる商品をリサーチするときには、
利益率なんて目標にしない方がいいと思ってます。

利益率を気にするがために
商品リサーチが全く進まないのなら意味がないですからね。

なので、仮に少しでも利益が出るなら、
それが利益率5%のような薄利な取引になるとしても、
仕入れの対象にすべきだと思います。

とくに初心者のうちほど、
とにかく取引回数を重ねて経験を積んでいくのが一番なので、
なおさら利益率なんて気にするべきではないと思いますね。

少しでも利益が出るなら、
どんなに薄利でも仕入れて転売する。

そんな気概でガンガンとビジネスを回していった方が成功も早いと思います。

むしろ、そうやって経験を積めば積むほど、
商品リサーチのスキルも上がっていくので、
結果的に利益率の高い商品を
見つけることもできるようになるわけですね。

ですので、やっぱり、

「利益率は気にしない(目標にしない)」

というスタンスで取り組むのが
転売で稼げるようになるための秘訣だと思います^^

利益率よりも、利益額の方を気にしよう

僕はむしろ、
「利益率」よりも「利益額」の方を気にするべきだと考えてます。

仮に利益率が低くても、
利益額が大きければ全く問題がないってことです^^

たとえば、「9万円」で仕入れて、
「10万円」で売れるような商品。

この場合、
「10万円」という売上に対して
利益は「1万円」なんで、
利益率は「10%」になります。

で、利益率10%というと、
転売ビジネスでは「薄利」とされてしまう数値ですし、
たしかに利益率は低いのは間違いないです。

けれども、それでも「利益額」は「1万円」ですよね。

たった1度の取引で1万円以上の利益が出るのって、
かなり美味しいと思います^^

だって、1度の取引で得られる利益額が大きいほど、
楽に稼げるからです。

たとえば月収30万円を目指す場合、
1度の取引で1000円の利益しか得られない商品ならば、
「300回」も取引をする必要があります。

1ヶ月は30日なので、
1日あたり10回の取引が必要になるわけですよね。

これって、めちゃくちゃハードな仕事です^^;

専業で転売をしている人でもない限り、
1日に10回も取引できるわけがありません。

取引っていうのは、

  • 入金確認
  • 商品発送
  • 問い合わせの返信

といったものを指すわけですけど、
これらを1日に10回もやるなんてハードすぎます。

1度の取引で1000円の利益しか得られない商品を扱うというのは、
かなりのハードコースなのです。

1000円で仕入れて、
2000円で売れるような商品であれば、
利益率は50%とかなり素晴らしい数値ですけど、
肝心の利益額の方は、たったの1000円。

どんなに利益率が良くても、
利益額が低いのは致命的だと言えます。

逆に、9万円で仕入れて
10万円で売れるような商品であれば、
利益率は10%と低いですけど、
利益額は1万円なので、こっちの方が絶対に良いと思います。

月収30万円を稼ぐにしても、
30回の取引で済みますからね^^

1日1度の取引で月収30万円を稼げるわけですから、
こっちの方が圧倒的に効率が良いのです。

だからこそ僕は、

「利益率よりも、利益額の方を気にするべき」

だと思ってます。

どんなに利益率が良くても、
利益額が少なければ、
ただただ忙しくなるだけで、
自分で自分の首をしめるようなものです。

逆に、利益率が低くても、
利益額の方が高ければ効率よく稼ぐことができるんで、
何の問題もないってことですね。

以上、利益率に関しての、
僕なりの見解でした!

ちなみに、「利益額」の方を気にするのであれば、
「1万円」が目指してほしいラインかなと思います。

1度の取引で1万円以上の利益が出るような商品を
メインに扱うのが理想だってことですね。

そのくらいの利益が得られる商品ならば、
稼ぎたい金額が大きくなっても、
そんなに忙しくならずに稼いでいくことができますからね。

でもこんなことを言うと、

『1度の取引で1万円以上の利益の得られる商品なんてあるの?』

と思う人もいるかもしれませんけど、
答えとしては普通にあります。

ただ、仕入先として
「海外サイト」に目を向ける必要は出てきますが。

海外サイトで売られてる商品って、
日本ではかなり高値がつくこともあるんで、
3万円で仕入れて4万円で売れたりとか、ザラにあります。

じゃあ、どうやってそういう商品を探すのか、というと、
一応のそのへんの商品リサーチの方法は以下の記事にまとめてます^^

参考記事:無在庫転売で儲かる商品、稼げる商品を探すリサーチの方法とは?

上の記事は、転売というよりかは、
在庫を持たない「無在庫転売」にフォーカスした内容になってます。

海外サイトで仕入れて、
「BUYMA」というマーケットに出品して稼ぐような方法ですね。

でも、いずれにせよ、
1万円以上の利益が取れる商品を探す方法などを説明してるんで、
参考になるじゃないかと思ってます。

よかったら見てみてくださいね^^

じゃ、今日はこのへんで。

ではでは。


無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを最短であなたに叩き込む無料メルマガ

無在庫転売で稼ぐには、
それに応じた知識とノウハウを学ぶ必要があります。
時間のない日々の中で、
ダラダラと学んでいる暇はありません。
このメルマガを通して、
無在庫転売で稼ぐために必要な知識とノウハウを
アナタの脳みそへ最短で叩き込んでいきます。
このメルマガさえ購読しておけば
無在庫転売で稼ぐにはバッチリです^^

>無料メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です